2011年、UKで注目の新人はJessie J

ツイート
ブリット・アワーズが、最も注目される新人アーティストに贈る“Critics' Choice”の受賞者を発表した。2008年度に設立された同アワードは、これまでアデル(2008年)、フローレンス&ザ・マシーン(2009年)、エリー・ゴールディング(2010年)が受賞。2011年度は、女性シンガーJessie Jが選ばれた。

◆「Do It Like A Dude (Explicit)」PV映像

彼女は、BBCが発表する期待の新人リスト<Sound Of 2011>でも名が挙がっており、UKの業界人が2011年ブレイクするだろうと予測する注目のニュー・アーティストだ。

Jessieは、「スゴイ! 子供のころからブリットを受賞するのが夢だったの。実現したなんて信じられない」と話している。

11歳でウエストエンドの舞台を踏んでいる彼女は、アデルやレオナ・ルイスを輩出した名門パフォーミング・スクールBRIT Schoolの出身。もともとはリアーナのために書いたという「Do It Like A Dude」を自らリリースすることにし、11月にシングル・デビューを飾った。

2011年には、B.o.Bをフィーチャーした「Price Tag」、デビュー・アルバム『Who You Are』をリリースする。


Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報