ビースティ・ボーイズ、豪華キャストで『Fight For Your Right』を映画化

ツイート
ビースティ・ボーイズのMCAことアダム・ヤウクが、彼らがブレイクするきっかけとなったシングル「(You Gotta)Fight For Your Right (To Party!)」(1987年)にインスパイアされたショート・フィルム『Fight For Your Right Revisited』を制作した。

ヤウクが脚本を書き下ろし、監督。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのイライジャ・ウッド、『スクール・オブ・ロック』のジャック・ブラック、『奥さまは魔女』のウィル・フェレル、ジョン・C・ライリー、セス・ローゲン、スーザン・サランドン、オーランド・ブルーム、キルスティン・ダンスト、テッド・ダンソンらが出演するという。

Imdb.comによると、イライジャ・ウッドとウィル・ファレルがアドロックを、ダニー・マクブライドとジャック・ブラックがMCAを、セス・ローゲンとジョン・C・ライリーがマイクDを演じるらしい。メンバー本人も警官役でカメオ出演するようだ。

現在のところ、ストーリーは「ボーイズがパーティーを去った後…」とだけ説明されている。

『Fight For Your Right Revisited』は30分間のショート・フィルム。2011年1月、サンダンス映画祭でプレミア上映される。

癌を公表し心配されたヤウクだが、幸いなことにその後の経過は順調なようだ。映画だけでなく、ビースティ・ボーイズは来春、ニューアルバム『Hot Sauce Committee, Pt.2』をリリース予定。2011年はカンバックが見込まれている。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報