オヤイデからデジタルシステムのためのアナログオーディオケーブル「d+RCA」シリーズ

ツイート
小柳出電気商会(オヤイデ)は、デジタルシステムのためのアナログオーディオケーブル「d+RCA」シリーズを2010年12月24日より順次発売する。

「d+RCA」シリーズは、PCオーディオなどに代表されるデジタルオーディオシステム全体のコンビネーションを重視してデザインしたアナログオーディオケーブル。DACやCDなどのデジタル機器とアナログ機器とのコネクションにおいて最も力を発揮する。

「d+RCA」シリーズの象徴でもある3芯フラットデザインケーブルの導体は、最大で導体径1.25sqを有する大容量PCOCC-Aを採用。そして電気特性を考慮して絶縁体、シース、プラグの素材をバランス良く配置している。これにより導電性が飛躍的に向上。伝送ロスや歪み、高域減衰などを大幅に軽減して効率の良い信号伝送を行い、デジタルオーディオシステムでありがちな平面的で耳障りなサウンドから逸脱して、サウンドのディティールを明確にするとしている。これにより高解像度で臨場感と奥行きのあるソース本来の音が実感できるというわけだ。

▲写真左より:class S、class A、class B

ラインナップはclass S、class A、class Bの種類。ケーブル長はclass S、class Aが1.0mと2.0m、class Bはさらに3.0mが加わる。導体にはclass S、class AはPCOCC-Aを採用、class Bは不純物の少ない高純度OFCを採用している。スペックなどの概要は以下のとおり。

◆d+RCA class S
構造:反転同心撚りフラットケーブル
導体:PCOCC-A (0.18mm×52)
シース:Thermoplastic Elastomers
絶縁体:Polyolefin
端子 : プラチナメッキ+ロジウムメッキコーティング青銅合金
ハウジング : PBT + Glass Fiber
アウターカバー:アルミニウム
ケーブルバック付属
価格:オープンプライス(市場予想価格 1.0m:10,500円、2.0m:14,070円)
発売日:1.0m:2010年12月24日、2.0m:2011年2月予定

◆d+RCA class A
構造:反転同心撚りフラットケーブル
導体:PCOCC-A(0.18mm×33)
シース:Thermoplastic Elastomers
絶縁体:Polyolefin
端子: 金メッキコーティング青銅合金
ハウジング : PBT + Glass Fiber
アウターカバー:アルミニウム
ケーブルバック付属
価格:オープンプライス(市場予想価格 1.0m:7,560円、2.0m:9,660円)
発売日:2010年12月24日

◆d+RCA class B
構造: 反転同心撚りフラットケーブル
導体:高純度無酸素銅(0.18mm×33)
シース: PVC
絶縁体:Polyolefin
端子 : 24K金メッキコーティング青銅合金
ハウジング : PBT + Glass Fiber
アウターカバー: PVC
価格:オープンプライス(市場予想価格 1.0m:3,570円、2.0m:4,200円、3.0m:4,830円)
発売日:2010年12月24日

◆小柳出電気商会
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス