PANDA 1/2、2011年パンダ来日を勝手に記念して「15日間世界一周」

ツイート
笹ガールとパンダのユニット・PANDA 1/2が、2011年2月に上野動物園へジャイアントパンダが来日するのを“勝手に記念して”、15日間の世界一周パンダ巡りの旅と、15夜連続USTREAM二元生中継企画の実施を発表した。

◆PANDA 1/2 画像

この企画は、彼らが毎週水曜日に放送しているUSTREAM番組『PAKU PAKU -The Pandaman Show-』の12月22日放送回で、緊急サプライズ企画としてヴォーカルのM!nam!から発表された。

<PAKU PAKU SP ~パンダのパンダによる人間のための世界PAKUルン滞在紀~>と題された今回の(どっかで聞いたことがあるようなタイトルの)企画は、12月23日からの1/2ヶ月(=15日)間にPANDA 1/2のプロデューサー・ジェームズ・パンダJr.が世界各国のパンダがいる動物園を巡り、その模様を毎日22:22よりUstream配信生中継するというもの。

なお、番組内では、用意周到に用意された航空チケットと撮影機材などのわずかな携行品をM!nam!から半ば強引に渡されたジェームズ・パンダJr.。ガチンコ企画で何も知らされていなかったため、激しく動揺したものの、結局、翌23日朝6時の便で第一の目的地・ロサンゼルスへと強制出発させられることになった。目的地は、スペイン、オーストリアなどのヨーロッパ諸国、メキシコシティやアメリカ、さらにはチェンマイなどアジアの都市。道中はハプニング必至だろう。はたしてジェームズ・パンダJr.は無事、世界パンダ一周を成し遂げることができるのか? それは誰にもわからない。

なお、12月27日と来年1月6日の2回は新宿スタジオアルタからの放送となり、番組の一部をアルタビジョンと連動生中継されることも決定している

PANDA 1/2は、パンダが大好きで、リクルート「ポンパレ」TVCMなどにも出演しているヴォーカルのM!nam!こと藤岡みなみと、上海出身のパンダであり音楽プロデューサーでもあるジェームス・パンダJr.によって2009年9月に結成。パンダのさらなる普及を目指し活動を続ける異色の音楽ユニットだ。藤岡みなみが2009年放送のフジテレビ『キャンパスナイトフジ』へのレギュラー出演や、先に紹介した「ポンパレ」CMに出演したことをきっかけに知名度が拡大。Twitterのフォロワー数も順調に増加している。また、音楽活動として2010年8月に「上海は夜の6時」でメジャーデビュー。11月24日には第2弾シングル「中華街ウキウキ通り」を配信限定でリリースした(こちらもどっかで聞いたことがあるようなタイトル曲だ)。


◆PANDA 1/2 メッセージ映像
◆PANDA 1/2 オフィシャルサイト

この記事をツイート

この記事の関連情報