YUI、清水翔太、JASMINEが“いい音”の魅力を暗闇でつたえる<Live in the Dark>の模様が公開

ツイート
YUI、清水翔太、JASMINEを迎え、“いい音”の魅力をつたえる、ソニー“ウォークマン”Play You.「キミの知らない音 project」を展開しているソニーマーケティングが、プロジェクトの集大成として、いい音”にフィーチャーし、音楽ファンの若者に暗闇のライブを体験してもらうプレミアムライブ<Live in the Dark>を開催、その模様がキャンペーンサイトで12月22日より公開されている。

<Live in the Dark>は、プロジェクトの集大成として、いい音”にフィーチャーし、音楽ファンの若者に暗闇のライブを体験してもらうプレミアムライブ。2010年12月12日に恵比寿ガーデンプレイスで行われたライブでは、同プロジェクトで3アーティストが新たなサウンドを求めて制作した新楽曲を初披露。音のみに集中するため、“暗闇”の中、アーティストと非常に近い空間で行われ、約1万件の応募の中から選ばれた438名のファンが“いい音で音楽を楽しむ喜びを体験した。

キャンペーンサイトでは、暗闇で繰り広げられる独特のライブ空間の模様のほか、“いい音”の魅力やプロジェクトに対するコメントも高画質の映像で見ることができる。YUI、清水翔太、JASMINEのファンはもちろん、ウォークマンのCMで流れる曲に興味を持った人も要注目の内容だ。ライブに寄せられたコメントは以下のとおり。

■LIVEを終えて・・・
極限まで光をなくし、且つアーティストと非常に近い距離の中、臨場感たっぷりでライブが開催された。アーティストにとっても、暗闇で歌うというのはあまり経験のないことで、始めは少し不安そうだったが、本番ではいつも以上に熱のこもった歌声で、聴いている側はステージに引き込まれるような不思議な感覚だった。今回のライブを通じて、“いい音”の大切さ、すばらしさを改めて再認識してもらうことができたライブとなった。

≪JASMINE≫
めっちゃ暗かったです。お客さんが見ているのは分かっているんですけど、意識的には誰もいない中で歌っているという気分で。逆に集中できるというか、私的にはすごく楽しかったです。

≪清水翔太≫
耳だけに集中して音楽を聴くということは、本当に色んな音が聞こえてきて、いつもの環境よりも、絶対にいい音楽を聴ける環境だと思います。そういう環境の中で、自分の作った曲だったり、自分達の演奏を聴いてもらえるということは、本当に幸せでした。

≪YUI≫
暗闇の中でのライブはリラックスして集中できるのかなと思ってたんですけど、すごく緊張して最後までドキドキしながら演奏してました。今日のライブは暗闇の中での360度、みなさんと一緒にライブというのが初めてだったので、とても新鮮で楽しめました。

≪お客さんの声≫
また、ライブにきた観客は、「今までにないライブで面白かった。幻想的で、音に包まれてるような気分で最高でした」「声だけじゃなく、楽器ひとつひとつの音にも集中して聴くことができて、聴きなれた音楽も違って聴こえて新鮮でした」「暗闇の中すごく音に集中して聴くことができて、ずっと聴いていたかったです」と、彼らが出会った新しい音楽を共有できたことに喜びのコメントを寄せていた。

◆“ウォークマン”「Play You.」キャンペーンサイト
◆モバイルサイト
http://m.sony.jp/m/walkman/playyou
◆BARKS 楽器チャンネル

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス