the GazettE、初のドーム公演で4万人土下座

twitterツイート

the GazettEが12月26日、バンド初の東京ドーム公演を開いた。「オレららしいドームを見せる」と気炎を上げていたライブは、“6人目”のメンバーである集まった4万人が、人気曲「関東土下座組合」の音楽に合わせ土下座するなど、暴れたい放題。ボーカル・ルキの「野郎ども、今日遠慮したら次はねえぞ。今までのてめえらの思いをここにぶちまけろ」の声に客らは、座席を壊さんばかりの勢いで会場を揺らし、全国40公演で10万人を動員したツアーの最終日を盛り上げた。

◆画像

「男が一度決めたこの舞台。やるしかない!」のアナウンスで始まったコンサートは、レーザービームが会場を真っ赤に染めた「Red」でスタート。「Hyena」ではルキとギターの麗(うるは)が互いにキスし合うからみがあり、ファンらから大きな声が上がった。暗闇で始まった「ガンジスに赤い薔薇」ではステージ上、10カ所から炎が吹き上がる演出で客を圧倒した。

ベースのれいたは「ここで暴れるお前たちが見たくてたまらなかった。オレたちのライブはオレらだけじゃなくて、お前らも主役なんで。主役が遠慮してんじゃねえぞ」と、ドラムの戒が「東京ドームというこの場所で変わらずthe GazettEのライブができ、それを作り上げているみんなに感謝します。今日最後までこのままthe GazettEらしく揺らすぞ」とファンに呼びかけると、「ウォーッ!」と地鳴りのような歓声が。

ルキは「いま自分たちは一番最初に思い描いてた夢の場所に立って、いつものように暴れて、立っています。オレ達が東京ドームを決めたのは地位でも名誉でもなくて、初めて日本武道館でやると決めて、突っ走ったときのあの熱を感じたかったから。また必ず戻ってきます。もっとでかくなって、ライブの面白さだったり、うちらみたいなビジュアル系の良さだったり、君らみたいなバカみたいに暴れるファンの楽しさをもっとたくさんの人に教えてやりたいです。だからオレたちはまだまだ止まれません。これからも信じてついてきてください。オレたちはお前たちしか信じてないから」と熱い思いを吐露した。

大舞台での最後の曲は「未成年」。会場は客らの熱気で真っ白になった。演奏後のステージには、胸の前で手を合わせ客席に深く頭を下げたギターの葵、涙を何度も何度もタオルで拭うれいた、放心したように一点を見つめた麗と戒、そして座り込むルキの姿が。バンドが所属する事務所「PSカンパニー」にとっては、彼らが初めてドーム公演を行なうアーティスト。5人が東京ドーム公演を決めてから約1年。メンバー、スタッフ力を合わせここまで走ってきた。

ルキがステージで「決して簡単な道ではなかった」と話した通り、紆余曲折を経たステージだったと思う。演奏、ステージ演出など、過去に立った大物アーティストらと比較すれば、物足りないと言われる部分もあるかもしれないが、手作り感にあふれ、思いが詰まった公演だった。それは突っ走り、いまある全てを尽くした初舞台を終え、感無量の表情を見せた5人の顔に現れていた。

「ドームをやったアーティストにはなりたくない」。これも彼らが公演前に話していたことだ。今日のステージは今ある力全てと思うが、満足はしていないはず。動員ならば、フル動員の5万5000人を。演出ならばバンド以外の楽器を取り入れるなど、課題は山積みだ。

2011年はこれまでにない試みを持った活動を目指すという。3月7日からは東京・大阪など全国でファンクラブツアー、3月10日には9周年記念ライブをZepp東京で開く。「さらなる高みへ」。ファンとともに大暴れする姿を追い続けていきたい。

<TOUR FINAL THE NAMELESS LIBERTY>
1.Red
2.AGONY
3.Hyena
4.赤いワンピース
5.Psychedelic Heroine
6.SHIVER
7.ガンジスに紅い薔薇
8.PLEDGE
9.Bath Room
10.DIM SCENE
11.HEADACHEMAN
12.VERMIN
13.HESITATING MEANS DEATH
14.COCKROACH
15.DISCHARGE
16.Filth in the beauty

ENCORE
EN1.Ride with the ROCKERS
EN2.Nausea & Shudder
EN3.SWALLOWTAIL ON THE DEATH VALLEY
EN4.Ruder
EN5.関東土下座組合
EN6.LINDA~ candydive Pinkyheaven~

ENCORE2
EN7枯詩
EN8未成年

ライブDVD「THE NAMELESS LIBERTY AT 10.12.26 TOKYO DOME」
『TRACES BEST OF 2005-2009』
2011年3月23日発売

取材・文●西村綾乃

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス