ザ・ローリング・ストーンズ、ビル・ワイマンとレコーディング

ツイート
ザ・ローリング・ストーンズが、故イアン・スチュワートのトリビュート・アルバムのために曲をレコーディングした。これには1992年にバンドを脱退したビル・ワイマン(B)も参加したという。

イアン・スチュワート(Key)はストーンズのオリジナル・メンバーの1人だったが、バンドがデビューする直前に脱退(プロデューサーが、彼のルックスがバンドの雰囲気に合わないとの理由で外したとの話もある)。しかし、その後もレコーディングやライヴに参加し、“6人目のストーンズ”と呼ばれていた。

ストーンズのファン・サイト“It's Only Rock'n Roll”(Iorr.org)によると、バンドはボブ・ディランの「Watching The River Flow」をレコーディング。アルバムは3月9日にリリースされるという。

このトリビュート・アルバム『Boogie For Stu』はイアン・スチュワートを追悼し、ピアニストのベン・ウォーターズが制作(グリン・ジョーンズがプロデュース)。ストーンズのほかPJハーヴェイ、ジュールズ・ホランドらが参加。ストーンズのメンバーは上記のトラックのほか、キース・リチャーズが3曲でギターをプレイ、ミック・ジャガーが1曲でヴォーカルとハーモニカを演奏しているといわれる。アルバムの売り上げは、心臓病の研究/予防を支援する団体British Heart Foundationに寄付されるそうだ。

イアン・スチュワートは1985年に心臓発作で亡くなった。

Ako Suzuki, London

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス