年明けのiTunesチャートは『NHK 紅白歌合戦』演奏曲が急上昇

twitterツイート
iTunesチャートで『NHK 紅白歌合戦』演奏曲が急上昇を見せている。

桑田佳祐のスペシャルゲストはもちろん、植村花菜「トイレの神様」のパフォーマンスや福山雅治が“斬られる”といった話題で盛り上がった2010年末の『NHK 紅白歌合戦』。iTunesでは、番組放送中から出演者の歌唱楽曲がチャートを急上昇した。番組から5日経った1月5日14時現在も、トップソングチャート(総合)では、1位が植村花菜「トイレの神様」、2位EXILE「I Wish For You」、3位がAKB48「ヘビーローテーション」、4位コブクロ「流星」と、出演アーティストのパフォーマンス楽曲がチャート上位を占めている。

一方のトップアルバムチャート(総合)では、『NHK 紅白』で、後ろ髪を岩崎弥太郎役の香川照之にバッサリと“斬られた”福山雅治が主演した『NHK大河ドラマ 龍馬伝』のサウンドトラックが1位となっている。

なお、現在iTunesでは、コールドプレイ、ジャスティン・ビーバー、リンキン・パークらが、ザ・ビートルズの好きな曲をコメント付きで紹介しているページなどがオープン。また、1月7日からは、毎年恒例のニューイヤーコンサート、ベルリン交響楽団『New Year's Concert 2011』がiTunes限定で先行配信される。

◆BARKS iTunesチャンネル

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報