驚き、笑い、熱狂の一夜限りの爆風スランプ復活ライブを独占放送

ツイート
あの爆風スランプが復活した。「サンプラザ中野くんが50歳になったから」という、あまりにも爆風らしい、単純かつシンプルな理由で。そして、彼らのたった1夜だけの限定復活ライヴが2010年12月12日に東京国際フォーラムで行われたのだった。

◆爆風スランプ、熱狂の一夜限りの復活ライブ~拡大画像~

1980年代半ば、あの空前のロックバンド・ブームが巻き起こるよりもひと足早く、強烈な個性と圧倒的なパフォーマンスでヒット曲を連発、時代を揺るがした爆風スランプ。青春の1ページを赤裸々に切り取りながらもストレートな歌詞とタイトで爆発的なサウンドを手に登場した彼らは、日本のミュージックシーンに圧倒的な存在感で君臨した。

2010年12月12日<爆風スランプ 限定復活しまんすライブ!!~サンプラザ中野くん50歳だー!!~>を開催。小細工なしの彼らのステージは、ともすれば現代のミュージック・シーンにおいては必ずしもスタイリッシュなものではないかもしれないが、改めて爆風スランプのロック魂の楽しさに触れられた。この一夜限りのプレミアムなライブがWOWOWで1月9日(日)に独占放送となる。

驚きはオープニング前から。不敵な笑いとともに影ナレ(開演前の諸注意を説明するナレーション)として登場したのは、聖飢魔IIのデーモン閣下。もともと、サンプラザ中野くんとパッパラー河合が学生時代に所属していたバンド、スーパースランプに後輩として参加したのがデーモン閣下だったというつながりを持つ両者。“友情”のサプライズに会場は、大いに沸き返った。

その余韻も冷めやらぬうちにパッパラー河合、ファンキー末吉、バーべQ和佐田が登場。最初からテンションが最高潮の客席を練り歩くと、知る人ぞ知るナンバー「耳たぶ」さらに「目ん玉」を披露。このユニークな展開に誰もが爆笑するとともに、5年というブランクは一気に消え去っていく。

ここで、サンプラザ中野くんがステージに登場。「月光」で涙を誘い、ファンの心の中だけでなく、メンバー自身の心の中の時間を“あの頃”に戻すと、極め付きはデビュー曲「週刊東京『少女A』」をK-POPさながらの“腰ふりダンス”に乗せてシャウト。アコースティック・パートでは、テレビ番組で猿岩石の応援歌として作った「旅人よ~The Longest Journey」をパッパラー河合のギター1本による弾き語りバージョンで披露した。

爆風の代名詞とも言えるパンク・ナンバー「無理だ!決定盤 (YOU CAN NOT DO THAT)」では、スペシャル・ゲストとして電撃ネットワークが登場し、“無理”なことに次々と挑戦。最後にはパッパラー河合やサンプラザ中野くんもその餌食に……。

「せたがやたがやせ」などのライブでは欠かせないナンバーを経て、大ヒット曲「Runner」でステージは最高潮に。高い演奏力、抜群のチークワークが音となり、80、90年代以上の迫力で五感をビンビンと刺激させてくる。その風格と変わることのない茶目っ気たっぷりの展開に誰もが惜しみない拍手を送った。

アンコールでは、「今日もよい1日でございまんす。ありがとう。楽しかった!」と叫び、感動の名曲「大きな玉ねぎの下で~はるかなる想い」で3時間に及ぶ密度の濃いステージを締めくくった。

そんな充実のライブがWOWOWで2011年1月9日(日)午後5時30分から独占放送される。80年代、90年代のノスタルジーを漂わせながらも、さまざまな驚きと楽しさが満ちあふれた内容は、家族揃って心から楽しめるはず。不滅のバンドの不滅の一夜をWOWOWで満喫してほしい。

『爆風スランプ 限定復活しまんすライブ!! ~サンプラザ中野くん50歳だー!!~』
2011年1月9日(日)午後5:30~ WOWOWでハイビジョン放送。

◆爆風スランプ レーベルオフィシャルサイト
◆番組サイト

この記事をツイート

この記事の関連情報