2010年全米で最も売れたシングルは、ケイティ・ペリー

twitterツイート
ケイティ・ペリーの「カリフォルニア・ガールズ feat.スヌープ・ドッグ」が、2010年全米で最も売れたシングルに認定された(Soundscan社調べ)。

アメリカだけで約440万ダウンロード、全世界累計では800万ダウンロードという破格のダウンロード数をたたき出しているこの曲は、日本でも着うた(R)、PC配信共にロングヒットを記録している作品だ。

アルバム『ティーンエイジ・ドリーム』は全米で既に100万枚を突破し、「カリフォルニア・ガールズ feat.スヌープ・ドッグ」に続くシングル「ファイヤーワーク」は最新全米シングル・チャート(1/15付)にて1位に返り咲き、4週1位を記録。次のシングル・カットは「E.T.」になると発表されたばかりだが、大ヒットシングルを増産中のアルバムなだけに、次シングルも大きな動きを見せることだろう。

またケイティ・ペリーは、全米の人気投票によって選ばれるピープルズ・チョイス・アウォード(People's Choice Awads)にて、「Favorite Female Artist」と「Favorite Online Sensation」の2部門を受賞しており、2011年2月に発表されるグラミー賞獲得へ、さらなる弾みをつけているところ。ケイティは、主要部門「最優秀アルバム賞」含む計4部門にノミネートされている。

◆ケイティ・ペリー・オフィシャルサイト

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon