大西順子、米メディアでベスト・アルバムを獲得

twitterツイート
2010年7月に発売され、「ジャズ黄金時代の熱気を現代に蘇らせた2010年屈指の傑作」として国内外から高い評価を受けた大西順子の最新作『バロック』が、快挙を達成した。ニューヨークのフリー・ジャズ・マガジンALL ABOUT JAZZ -NEW YORKが選定する「ALBUMS OF THE YEAR」に選ばれたのだ。

◆大西順子画像

また、2010年10月19日にマンハッタンのジャズ・クラブ「ジャズ・ギャラリー」で開催された現地ジャズ・メディア向けのショウケース・ライヴも「CONCERT OF THE YEAR」を獲得している。

ALL ABOUT JAZZ - NEW YORKは、現在DownbeatやJazz Timesといった雑誌と並びアメリカで最も影響力の高いジャズ・パブリシティのひとつ。ジャズ・クラブ、CD ショップ、楽器店、学校等、約200ヶ所で無料配布されており、購読者は毎月22,000人以上という。世界各国からジャズ・ミュージシャンが集まりしのぎを削るニューヨークのジャズ・シーンにて、日々その最先端の動向をリポートしている同誌のアワードを2部門で獲得したことは、日本人ミュージシャンとしてはまさに快挙というべきもの。

さらに『バロック』は、米国のウェブサイトMercuryNews.comでも「Best Jazz CD of 2010」を獲得、高い評価が様々な形で結実し始めたようだ。

大西順子は2011年2月にブルーノート、ビルボードライブを回る国内ツアーを行なった後、3月には復帰後初となる全米ツアーを予定している。約7年間という長期活動休止期間を経て、再びピアノに向かう大西順子に死角はない。

『バロック』
2010年7月28日発売
UCCJ-2081 2,800円(tax in)

<大西順子 国内ツアー>
2月10日(木)名古屋ブルーノート
2月11日(金)ビルボードライブ大阪
メンバー:大西順子(p)、井上陽介(b)、ジーン・ジャクソン(ds)
2月25日(金)、26日(土) ブルーノート東京
メンバー:大西順子(p)、レジナルド・ヴィール(b)、グレッグ・ハッチンソン(ds)

◆大西順子オフィシャルサイト
◆大西順子レーベルサイト

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon