killing Boy、アルバムは3月リリース

twitterツイート
日向秀和と木下理樹のタッグによる新ユニットkilling Boy(キリングボーイ)のアルバム発売が明らかとなった。タイトルはセルフタイトル『killing Boy』、3月9日(水)にリリースとなる。木下理樹のレーベルVeryApe Recordsから発売になる予定だ。

◆killing Boy画像

アートスクール、ストレイテナーの両バンドの歴史を知る人ならば、途中、袂を分かった友人の再開が感動のストーリーとなるところだが、キリングボーイの生み出す作品のクオリティは、そんなトピックを霞ませてしまうパワーに満ちたもののようだ。

資料によると、「木下理樹の個人史だけで言うならば木下理樹名義の時代からアートスクールまで含め、キャリア最高の作品となるであろうアルバム」が生み出されようとしているとのこと。

レギュラー・サポート・ミュージシャンとしてギターは伊東真一(HINTO/ex:SPARTA LOCALS)が、ドラムは大喜多崇規(Nothing's Carved In Stone)が担いkilling Boyを支えていくことになるが、今後予定されているライブも、アルバムレコーディングもこの4人で行われているという。

レコーディングでは、ゲストミュージシャンとしてパーカッションにアヒトイナザワ(VOLA & THE ORIENTAL MACHINE)。エンジニアにはクラムボン等を手掛ける星野誠と、クボケンジ(メレンゲ)が参加、研ぎすまされた才能が思いもよらぬ化学変化を起こすことだろう。

『killing Boy』
2011年3月9日(水)発売
VARUK-0001 ¥2,310(tax in)
1.Frozen Music
2.Call 4 U
3.cold blue swan
4.xu
5.Perfect Lovers
6.1989
7.black pussies
8.Confusion
9.Sweet Sixteen

◆killing Boyマイスペース

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon