2011年の最終兵器、ザ・ゴー!チームが4年ぶりに新作&来日決定

ツイート

その斬新なサウンドでシーンを席巻したTHE GO! TEAM(ザ・ゴー!チーム)が、4年ぶりに新作を発表する。

◆THE GO! TEAM 画像、アルバムトレーラー、「T.O.R.N.A.D.O.」ミュージックビデオ

UKはブライトン、ロンドンに拠点とする日本人2人を含む6人組・ザ・ゴー!チーム。ロック・ヒップホップなど様々なジャンルを縦横無尽に飛び交い、飛び抜けてキャッチーなその音楽性は、デビュー以来「ジャクソン5 meets ソニック・ユース」とさえ評された。2010年には、日本でも日産CUBEのCF楽曲に「フィール・グッド・バイ・ナンバーズ」が抜擢されて話題となったが、そんな彼らの4年ぶりとなる最新作「ローリング・ブラックアウツ」が1月12日に日本先行リリースされた。また、同時に4年ぶりの来日ツアーも決定している。

久々の新作は、リーダーのイアンが「映画『サブウェイ123』のサントラをイメージしたんだ。」と語るビースティー・ボーイズ風味も味わえる「T.O.R.N.A.D.O.」で幕をあけ、そのワクワク感と勢いのまま、これまた最新作がリリース間近なディアフーフの日本人メンバー・SATOMIをフィーチャリングした「SECRETARY SONG」、さらにローファイ・サーフ・ロックの大本命として世界中を席巻したベスト・コーストのベサニー・コセンティーノをゲストに迎えた「BUY NOTHING DAY」などなど。今回もゲストも音楽性も多種多様にして多彩かつ千差万別盛りだくさん。1枚であらゆるジャンルを包括する楽しさ満載の1枚だ。先行配信されたiTunes Storeでは、トップロックアルバムチャートで配信日早々に1位を獲得している。

なお、「SECRETARY SONG」に参加したディアフーフのSATOMIは、ザ・ゴー!チームの日本でのミュージックビデオ撮影にも主演で参加。文字通り東京のオフィスでSECRETARY=秘書に扮しているという。日本盤には同楽曲のビデオクリップもCDEXTRAで収録され、さらにザ・ゴー!チーム日本人メンバーのツチダカオリが歌詞対訳を行なっている。

そんな彼らのライヴは、というと、メンバーの楽器が途中で入れ替わるという嵐のようなパフォーマンスで、世界中のフェスでオーディエンスを熱狂させている。日本には2007年に単独ツアー、2005年と2008年には2度の<フジロック>出演をはたしたが、この2011年、実に4年ぶりとなるツアー来日が決定した。ライヴは5月に東名阪で開催される。

2011年の早くも最終兵器、ザ・ゴー!チーム。さぁ、アヴァンギャルドなロックショウのスタートだ。

【ザ・ゴー!チーム ライヴ情報】
5月17日 CLUB QUATTRO
Open 18:00 / Start 19:00
前売 5,500円(税込み、ドリンク別)
(問)CLUB QUATTRO 052-264-8211

5月18日 CLUB QUATTRO
Open 18:00 / Start 19:00
前売5,500円(税込み、ドリンク別)
(問)SMASH WEST 06-6535-5569

5月20日 リキッドルーム
Open 18:00 Start 19:00
前売5,500円(税込み、ドリンク別)
(問)スマッシュ 03-3444-6751

◆ザ・ゴー!チーム チケット情報
◆ザ・ゴー!チーム 日本オフィシャルサイト

この記事をツイート

この記事の関連情報