“歌手・後藤真希”を詰め込んだ新作『Gloria』が好調

twitterツイート

1月12日にリリースされた後藤真希のニューミニアルバム『Gloria』のセールスが好調だ。いきものがかりなど、年末の『NHK 紅白歌合戦』出演アーティストを中心とした、いわゆる“紅白効果”や、結婚を発表した浜崎あゆみ、ドラマもスタートするKARA、そのほか実力派アーティストがランキング上位にひしめく中、オリコンのアルバムデイリーチャートでは、発売初日6位、2日目はランクをひとつアップさせて5位を獲得している。

◆後藤真希 2010年の画像

2010年は、最愛の母が亡くなるという突然の不幸に襲われて活動休止。約半年の期間を挟んで、涙とともにミニライヴで活動を再開すると、生中継されたUSTREAM番組が1位を獲得。また、7月28日にリリースされたミニアルバム『ONE』は、オリジナルアルバムとしては、彼女自身6年ぶりとなるオリコン・アルバムランキングTOP10入りをはたすなど、まさに波乱万丈の1年を過ごした後藤真希。

そんな彼女が発表した新作『Gloria』は、力強いロックサウンド「Fake」や、爽やかなピアノバラード「花束」、工藤静香の名曲カヴァー「恋一夜」など、バラエティ豊かな5曲を収録。前作と異なり自身による作詞作品はないものの、歌い続けていきたいという彼女のヴォーカリストとしての想いが具現化されたような、“歌手・後藤真希”をテーマにした1枚だ。なお、ミックスは前作に引き続き大沢伸一が担当する。

CD+DVD盤には2010年6月3日に開催された<PREMIUM MINI LIVE>の模様を完全版として、さらにドン・キホーテ盤には8月30日に出演した<a-nation '10>東京公演の模様をフルサイズで収録する。もちろん両盤ともに、リード曲「足跡」のミュージックビデオも同梱されている。

ところで週末1月15日と16日には、そんな後藤真希に会い、生歌を聴けるチャンスがある。ニューアルバム「Gloria」の発売記念イベントだ。1月15日は大阪・千里セルシー、翌16日には神奈川・ラゾーナ川崎プラザで開催されるこのイベント。アコースティック編成でのミニライヴと、“ファンの方と挨拶できる貴重な機会”と彼女自身が楽しみにしている握手会を予定しており、観覧は無料となっている。

<何かを得るには同じだけの / 大切なモノを差し出さなきゃ>と歌う後藤真希。そんな彼女の歌声と生きざまが詰まった『Gloria』もまた、これから続いていく彼女のアーティスト、ヴォーカリスト人生の道に残る“足跡”のひとつとなる。

【<後藤真希「Gloria」リリース記念イベント> 詳細】
1月15日 14:00 開演@大阪・千里セルシー
1月16日 14:00開演@ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場 グランドステージ

◆後藤真希 オフィシャルサイト

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon