[クロスビート編集部員リレー・コラム] 副編集長播磨編「ローレン・プリチャード」

ツイート

2010年の年間ベスト・アルバムは最後の13枚から絞るのが大変だった。惜しくも落選した内の1枚をここで紹介しよう(あとの2枚はシー&ヒムと、クロスビート2月号でレビューを書いたアロー・ダーリン。あれ? 俺、何で★4つにしなかったんだろう?:苦笑)。

その1枚とは、テネシー出身ながらロンドン在住、イギリスのレコード会社と契約している20代前半の新人女性シンガー・ソングライター、ローレン・プリチャードが10月末に出した『Wasted In Jackson』。キャロル・キングなどの伝統を汲む良質なソングライティングの才(全作共作)とソウルフルな歌声、オーセンティックながら豊かで気の利いたサウンドは確かに、ダフィやアデルがいるイギリスの方が受け入れられやすいかも知れない。

実際彼女が多くの曲を共作しているのはそのアデルやダフィー、更にはフローレンスやカイリー、ピンクらとも仕事をしているフランシス・“エッグ”・ホワイト。彼はアイヴォー・ノヴェロ賞を2度受賞している実力派で(グラミーへのノミネートも1度)、かつてエッグ&アリスというユニットでデビューしており、その唯一の作品『24 Years Of Hunger』(1991年)は愛聴盤だった。そうか、僕はエッグが好きなのか(笑)。

ローレンはロンドンに移る前はミュージカル女優として活動していたというから、歌の実力はそこで育まれたものだろう。残念ながら何故かアルバムのチャート・アクションは振るわなかったものの、まだまだこれから。大化けする可能性を秘めた逸材なのは間違いない。

◆クロスビート最新号(オフィシャルサイト)
この記事をツイート

この記事の関連情報