パナソニック、スクエアデザインのカジュアルなヘッドフォン

ツイート
パナソニックは1月14日、カジュアルタイプのアウトドアヘッドフォン「RP-HX300」「RP-HX200」を2月15日に発売すると発表した。iPodとの相性を意識して、ファッション性を重視したスクエアデザインとした。価格はオープンで、実売想定価格はRP-HX300が3000円前後、RP-HX200が2000円前後。

iPodのカラーやファッション性を意識したHX200は、白ベースと黒ベースをそれぞれ3色、合計6色のカラーバリエーションを用意した。コードやイヤーパッドも同色カラーをあしらっている。音質はポップス系に多い高音域を意識したもの。ドライバー径30ミリで、豊かなボーカル音を実現する。

大人のアクセサリー感覚でメタリック&モノトーンの2色展開としたRP-HX300は、36ミリ径のドライバーユニットを搭載し、重低音を重視した音質とした。ソフトな肌触りのヘッドパッドとイヤーパッドを装備する。

両モデルとも、合成の異なる素材を貼り合わせたハイブリッド振動板を搭載し、ドライバーユニットには高磁力ネオジウムマグネットを採用した。インピーダンスは32Ω、最大入力1000mW、再生周波数帯域10~2万5000Hz、コード長は1.2メートル。

(ニュース提供:+D LifeStyle)

◆+D LifeStyle
◆パナソニック
◆BARKS ヘッドホンチャンネル

この記事をツイート

この記事の関連情報