ルーマー、日本盤リリースとともに初来日決定

ツイート
女性シンガー、ルーマーが3月9日にデビュー・アルバム『シーズンズ・オブ・マイ・ソウル』の日本国内盤をリリースする。あわせて、この発売週に初来日を果たし一夜限りのプレミアム・ライヴを行なうことが発表となった。

◆「スロー」PV映像&ルーマー画像

2010年11月1日にイギリスで発売になった『シーズンズ・オブ・マイ・ソウル』はすでに本国で40万枚を突破し、プラチナ・ディスクを獲得、現在でもチャートのトップテンに入っている。既に日本でも輸入盤が話題沸騰中で、既に約5千枚のセールスを記録中だ。1月13日にノミネーションが発表されたブリット・アワーズ 2011でも、最優秀新人賞、最優秀ブリティッシュ女性アーティスト賞の2部門にノミネートされ、より注目が集まっているところである。

31歳でデビューを果たした遅咲きの新人ルーマーの音楽は、複雑で豊富な彼女の人生ヒストリーから生まれている。父親の仕事の関係で赴任していたパキスタンで7人兄妹の末っ子として生まれたものの、イギリスに帰国後、実の父は家族が雇っていたパキスタン人のコックであることが発覚。両親は彼女が11歳の時に離婚した。数年後、彼女がインディーズ・バンド、ラ・ホンダで歌っていた頃に、母が乳がんと診断されてしまう。母親の面倒を見ながら、ルーマーはゴミ収集所に置かれたバンで暮らし、資格がないにもかかわらず地域の大学で演劇を教えたりして生計を立てたという。2003年に母親が死去。その後、ルーマーはロンドンでどん底の生活を送りながら、皿洗い、ポップコーン売りなどあらゆる仕事をこなし、自分には音楽で表現出来るものがあると言い聞かせながら音楽活動を続け、デビューを掴んだのだ。

そんな彼女の音楽を、イギリスのメディアは大絶賛。メジャー紙のザ・ガーディアン紙も「ルーマーの歌声はカレン・カーペンターやキャロル・キングを彷彿とさせる無垢な歌声」と絶賛、さらに、バート・バカラックもルーマーに惚れ込んでいるという。ルーマーの評判を聞きつけたバカラックが自分の歌を歌って欲しいとカリフォルニアまで、わざわざ彼女を呼んだほどだとか。

バカラックはその後、5年ぶりとなる新曲を彼女のために提供し、「シンガーが無駄な飾りやディーヴァ・トリックを使わずに素直に歌うのは素晴らしい。ルーマーは聴く人に何かを届けられるシンガーだ」ととコメントしている。

「最近のイギリスは、素晴らしい声を持つシンガーを沢山輩出しているよね。アデル、ダフィー、エイミー・ワインハウス。そして、今回はルーマーだ。そういう人は滅多に出ない。そんな中、ルーマーのような素晴らしくて美しい声の持ち主が現れたんだ。彼女はビッグ・スターになるよ」と、自らのステージに招きパフォーマンスの機会を与えているのは、かのエルトン・ジョンだ。

日本でも、話題となるであろうルーマー。プレミアム・ライヴの会場やチケットの購入方法に関しては、決定次第アナウンスされる。



『シーズンズ・オブ・マイ・ソウル』
初回限定バリュー・プライス盤
2011年3月9日発売
WPCR-13994 2,180(税込)
1.アム・アイ・フォーギヴン
2.カム・トゥ・ミー・ハイ
3.スロー
4.テイク・ミー・アズ・アイ・アム
5.アレサ
6.セイヴィング・グレイス
7.サンクフル
8.ヒーラー
9.ブラックバード
10.オン・マイ・ウェイ・ホーム
11.グッドバイ・ガール【デヴィッド・ゲイツのカヴァー】
12.アルフィー【バート・バカラックのカヴァー】*
13.君に想いを*
14.カム・サタデー・モーニング*
*Bonus Track(14曲目は日本盤のみのボーナス・トラック)

◆ルーマー・オフィシャルサイト
◆ルーマー・スペシャルサイト

この記事をツイート

この記事の関連情報