ベッキー♪♯、学園祭TOURファイナルは学生による制作

ツイート
ベッキー♪♯の学園祭TOURファイナルが、16日赤坂BLITZで行なわれた。ベッキー♪♯は自身のツアーを<学園祭TOUR 2010「必須多目♪」>というタイトルで2010年10月からスタート、テレビなどのレギュラー収録や1万人との握手会イベントなど過密スケジュールの中で時間を捻出し、合計10回の公演を達成した。

◆ベッキー♪♯画像

ファイナルステージはこれまでと趣向が変わり、主催である日本工学院のコンサート・イベント科の150人の生徒によって、ドリカム、シドなどを手掛けるコンサート制作大手ホットスタッフ・プロモーションによる監修のもとに制作された。緊張感のある現場でのスタッフワークに従事した生徒の半数以上が、成人式に出席した20歳前後の学生だという。ライブはアンコールを含め、全11曲が演奏された。

ベッキー♪♯はステージで、「2009年にデビューを果たしたばかりの私ですが、歌手としての経験はまだまだ。ベッキー♪♯の「♪(八分音符)」は半人前と言う意味で、「♯(シャ-プ)」は半音上がる、つまりステップアップを意味する言葉で命名しました」と話し、また、「この中で将来一緒に仕事をする人たちが必ずいる。夢に向かって情熱を持って頑張ってほしい」と、学生、そして卒業を控えた高校生へ向けエールを送っていた。

今イベントを取り仕切る日本工学院コンサート・イベント科の井口主任は、「実力あるアーティストのライブ制作を生徒に手掛けさせてあげられ本当に光栄でした。でもその分、失敗は許されないと覚悟させていました。近頃の若者はぬるいなどと言われていますが、生徒たちは、それを跳ね除けるような成果を出し、アーティストを納得させられるよう頑張れたと思います」と語った。

日本工学院では、生徒が制作するライブを定期的に開催、また来場者がもっとも多い高校生に限定し、ライブ見学付きバックステージツアーご招待なども不定期に行なっているという。

トレンドウォッチャー
岡本立也

『ベッキー♪♯FIRST LIVE TOUR 2010「心の森」』
TOBF-5692 3,990円(税込)
1.テクノキャット
2.好きだから
3.闇を突きぬけてゆく
4.RUN!!BEAR RUN!!
5.心こめて
6.手紙
7.そらいろ
8.君へ
9.エメラルド
10.幸の素
11.ハピハピ
12.WBC
13.時の中に
14.ころころマゴコロ
15.ブルバ
16.WBC

「冬空のLove Song」
TOCT-45038 1,200円(税込)
1.冬空のLove Song
2.ブルバ
3.「心のとびら」朗読
4.冬空のLove Song (instrumental)
5.ブルバ(instrumental)

◆ベッキー♪♯オフィシャルサイト
◆日本工学院オフィシャルサイト

この記事をツイート

この記事の関連情報