ビヨンセ、クリント・イーストウッドから映画のオファー

ツイート
クリント・イーストウッドが、ビヨンセ主演で『スタア誕生』のリメイクを考えているそうだ。

『スタア誕生』はこれまで3度映画化されており、1937年のオリジナルではジャネット・ゲイナー、1954年のリメイクではジュディ・ガーランド、1967年版ではバーバラ・ストライサンドが主役のエスター・ブロジェットを演じている。

噂では、これまでフレドリック・マーチ、ジェームズ・メイソン、クリス・クリストファーソンが務めた相手役の候補に、ウィル・スミス、ディディ、ロバート・ダウニー・Jr、ジョン・ハム、それにジェイ・Zの名が挙がっているという。

『スタア誕生』は女優に憧れハリウッドへやってきたエスターの成功、挫折を描いたもの。すでに何度も映画化されているが、イーストウッドが監督、ビヨンセ主演ということで、過去の作品とは違うアプローチが期待できそうだ。舞台を映画界からミュージック界へ変更するともいわれる。イーストウッド初のミュージカル映画になるようだ。

2012年に公開予定だという。

Ako Suzuki, London

この記事をツイート

この記事の関連情報