テイラー・モムセン大旋風必至、遂に日本上陸決定

twitterツイート
米人気テレビドラマ「ゴシップガール」で主要キャストであるジェニー・ハンフリー役を演じ、10~20代女性に圧倒的な人気を誇るテイラー・モムセンが、プリティー・レックレスとして3月に日本デビューする。さらに4月3日には幕張メッセで開催される<PUNKSPRING 2011>に出演するという。もちろん初来日だ。

◆「メイク・ミー・ワナ・ダイ」PV映像

現在17歳のテイラー・モムセンは、ファッション・モデル、女優、シンガーをこなす抜群の容姿と才能を持ち合わせた新世代ガールズ・アイコン。マドンナと愛娘ローデスが手掛けるファッション・ブランド「マテリアル・ガール」のモデルにも抜擢をうけ、ジョン・ガリアーノの香水「Parlez-moi d'amour」のモデルも担当、同時にシンガー・ソングライターでありギタリストでもある彼女は、ミュージックシーンにおいても絶大な評価と期待を受ける、ガールズロックの超新星だ。

8年前のある晩、テイラー・モムセンの父親は自分の娘をホワイト・ストライプスのライヴに連れて行ったのだという。「それより前に行ったことのあったコンサートはブリトニー・スピアーズだけだったの」と、テイラー・モムセンは言う。

「でもステージの上のジャック・ホワイトを一目観た途端、すべてが一変したの。私は小さい頃からダンスをやっていて、女の子が音楽業界に入るにはまず踊れなきゃダメだと思ってたのよ。でもホワイト・ストライプスを観て思ったの、“違う、踊れなくてもいいんだわ。これなら私にも出来る”って」──テイラー・モムセン

この時テイラー・モムセンはたったの9歳。ジャック・ホワイトの粗削りなパワーと、一見シンプル極まりないギター&ヴォーカルのインパクトは、言葉を喋れるようになる前からメロディをハミングし、ザ・ビートルズに夢中になって5歳で曲を書き始めて16歳の現在に至るモムセンに絶大な影響を与えたようだ。

「彼らに取り憑かれたようになっちゃったの。あとレッド・ツェッペリンも好きだったし、ザ・フーでしょ、ピンク・フロイド、オーディオスレイヴ、サウンドガーデン、オアシス、それにニルヴァーナ。私のロック・アイドルは全員男性だったのよね」

テイラー・モムセン率いるプリティー・レックレスのデビュー・アルバム『ライト・ミー・アップ』は2011年3月2日リリースの予定だが、リード曲「メイク・ミー・ワナ・ダイ」の着うた(R)、着うた(R)の配信が1月26日からスタートとなった。あわせて、テイラー・モムセンが次々と服を脱いでいくPVもiTunesにて配信開始となっている。

この「メイク・ミー・ワナ・ダイ」PV映像がやばい。受験勉強に勤しむ男子学生や血気盛んな殿方にはご注意いただきたい、一時も目を離すことのできない映像となっている。17歳とは思えない風貌と色気、ロック・スターとしてのオーラに、何はともあれ「どうもありがとうございます」である。

初来日は、4月3日の<PUNKSPRING 2011>@幕張メッセ。記念すべきこのパフォーマンス、目撃しないと損をする。


『ライト・ミー・アップ』
2011年3月2日発売予定
UICS-1227 \1,980

リード曲「メイク・ミー・ワナ・ダイ」
1月26日配信開始
着うた(R)、着うたフル(R)、eVideo

<PUNKSPRING 2011>
2011年4月3日(日)
@幕張メッセ
[問]クリエイティブマン www.punkspring.com

◆プリティー・レックレス・オフィシャルサイト
◆洋楽チャンネル
◆レジェンド&クラシック・ロック・チャンネル

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス