渡部陽一、初の朗読イベントを開催

ツイート

2月23日(水)に発売される『渡部陽一の世界名作童話劇場 日本篇』を記念して、戦場カメラマン渡部陽一が、2月22日(火)に自身初の朗読イベント<TOKYO FM BLUE OCEAN presents 渡部陽一の世界名作童話劇場 よみきかせライブ>をTOKYO FMホールにて行なうことが発表された。当日はバイオリニストなどアーティストを迎え、生演奏と共に渡部陽一が朗読を披露するという。

◆渡部陽一画像

『渡部陽一の世界名作童話劇場 日本篇』は、渡部陽一が語り部となった名作童話の朗読CDだ。朗読に挑戦しようと思い立ったキッカケは、本業とする世界中の戦場にあった。20歳の頃から戦場を放浪してきた渡部陽一は、貧しく、食べ物もない子供たちを数多く目撃し、踏みにじられる命を前に、“生きる”というメッセージを伝えたいと朗読CDに思い至ったという。

「勉強ではなく、小さい子どもたちにただ聞いて欲しい。語りつがれてきた素晴らしいお話・生活をしっかり伝えていくことができれば、うれしいです。」──渡部陽一

CDには「桃太郎」「かぐや姫」など4話を収録。渡部が世界中で撮影した子供たちの写真入り絵本も付属される。なお、初回生産限定盤では自作の詩「やりたいこと やってみよう」が収録されており、そのミュージックビデオは、2月2日(水)12:00~3日12:00の24時間、Ustreamで限定公開される。

渡部陽一自身が世界で会った子供達との体験や話をもとに書いたオリジナルの朗読…これは胸に沁みるものになりそうだ。

◆渡部陽一ビクターエンタテインメントサイト
◆TOKYO FM BLUE OCEANオフィシャルサイト
◆渡部陽一「やりたいこと やってみよう」24時間USTREAM限定公開放送

この記事をツイート

この記事の関連情報