架空の韓流アイドルグループがリアルイベントを開催し、架空の5万人を集める

ツイート

NHK人気ドラマ『祝女』で人気になった、架空の韓流アイドル3人組“無限男子”が、1月29日にラゾーナ川崎で、デビュー直前スペシャルイベント行なった。

◆無限男子 画像@2011.01.29ラゾーナ川崎

今まで、テレビドラマの中でしか見ることのできなかった無限男子にリアルに会えるということで、会場には朝早くから番組視聴者を中心に多くのファンが集まった。

ライヴ直前には、無限男子のマネージャーの“脇田六郎(原金太郎)”も駆けつけ、会場はヒートアップ。脇田マネージャーの呼び込みにより、パンサー(コン・テユ)、ドラゴン(イ・テガン)、ポセイドン(太田基裕)の3人が登場し、イベントスタートがスタートすると、黄色い歓声が飛び交う中、ドラマでもおなじみの「恋愛年齢∞無限大」と「Infinity Love」の2曲を披露。「恋愛年齢∞無限大」では、メンバーが考えたという“コール”が会場に響きわたり、メンバーとファンが一体となって盛り上がった。

トークの中で彼らは、「初めてのイベントで緊張したけど、こんなにたくさんのみなさんに来てもらえて嬉しいです!」とコメント。またドラマでの人気韓流スターのシーンとリンクさせるかのように「5万人のみなさん、ありがとうございます!」と、会場を盛り上げる(実際は約1000人の観客動員)。USTREAMで見ていたというドラゴン(イ・テガン)の母親は号泣した、と本人のブログにも書かれているなど、初めて見る彼らの姿に感動して涙するファンもいた。

ライヴ終了後は、そのまま初めての<リアルハイタッチ会>に移行。ステージ上では脇田マネージャーと“マジックハンド”が登場する。これは、ドラマの中で、ファンが握手会でメンバーに抱きついたことで<マジックハンド握手会>になってしまったシーンの再現。思わずドラマを楽しみに観ているオーディエンスから笑いが巻き起こった。

架空の韓流アイドル・無限男子は無限の可能性を秘めて2月16日にリアルデビューだ。



◆アジアンアーティストチャンネル
◆無限男子 オフィシャルホームページ

この記事をツイート

この記事の関連情報