ふくい舞、「桜ソングの大本命」を引っさげて桜前線とともにツアースタート

ツイート
2008年にドラマ『恋空』主題歌「アイのうた」で、その年の新人賞を獲得したふくい舞が、最新シングル「いくたびの櫻」の発売にともない、桜の開花とともに桜前線を北上していくツアー<ふくい舞 櫻前線北上ツアー2011~いくたびの櫻~>を展開する。その皮切りとなるライヴが、2月5日に沖縄の今帰仁城趾にて行なわれた。

◆ふくい舞 画像@<ふくい舞 櫻前線北上ツアー2011~いくたびの櫻~>沖縄

今帰仁城趾は、沖縄本島の北部、本部半島にある世界遺産に登録されている歴史的な史跡で、日本で一番早咲きとなるカンヒザクラの名所として知られており、毎年<今帰仁グスク桜まつり>が開催されている。

満開の桜と快晴に恵まれて5,000人の入場者が集まったこの日、ふくいは桜に囲まれた参道で新曲「いくたびの櫻」を熱唱し、お年寄りから外国人観光客まで沢山の観客を魅了。「舞さんの歌が人々の心に響き、いま桜前線とともに旅立つ貴女が大樹となることを願っています。」と、今帰仁村長も熱いエールを送った。

「歴史の深い世界遺産・今帰仁城跡を知り、『スタートは絶対沖縄で!』とスタッフに熱望し、ついに実現しました! 世界遺産をバックに歌えて、これほど幸せなことはありません。沖縄からスタートして、全国のみなさんの心に綺麗な花を咲かせられるように、心を込めて歌っていきたいです!」── ふくい舞

「いくたびの櫻」は、日本人の心に普遍的にある風景“桜”をテーマに歌った曲で、大型ドラマNHK正月時代劇『隠密秘帖』・土曜時代劇『隠密八百八町』主題歌。なお、ドラマは同枠シリーズとしては放送以来過去最高の視聴率を記録中で、そんな高視聴率に後押しされる形で、同曲も有線週間HIT J-POPチャート(2月2日付)で4位にランクイン。テレビ情報番組でも「2011年ヒットする桜ソングの大本命」として同曲は紹介されている。

◆ふくい舞 オフィシャルサイト

この記事をツイート

この記事の関連情報