14才momo、4月6日にメジャーデビュー

ツイート
現在、札幌在住の14才中学2年のアーティストmomoが注目を集めている。momonakiで活動してきたmomokoが2011年からmomoへ改名、大きな飛躍を遂げようとしているのだ。

◆momo画像

ガールズユニットmomonakiのメインボーカルとして活動を開始したmomokoは、2009年5月LAWSON限定シングル「君さえいればfrom LOCO MACK」でデビュー。北海道内LAWSON全店にて販売され、デビューシングルにして3000枚セールスを突破、着うた(R)は10,000DLを記録するというスマッシュヒットを記録。続けて8月に2ndシングル「Hey Mr.DJ」、11月にはソロとして初のシングル「Fallin' snow」が登場し、たちまちオリコンインディーズチャート6位を記録、「第29回札幌ホワイトイルミネーション」コラボレートソングとして採用を受けるという注目を浴びた。

2011年には「第30回札幌ホワイトイルミネーション」コラボレートソングアーティストとして、2年連続抜擢を果たし、4thシングル「教室」をリリースし、変わらず北海道内のローソン店頭のみでの販売にもかかわらず、オリコンデイリーチャート13位、インディーズのウィークリーでは2位を獲得するという上昇気流を生み出していた。

北海道の大地で授かったピュアで透明な歌声の持ち主momoは、遂にNHK総合で3月から放送開始のアニメ『もしドラ~もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら~』のエンディング・アーティストという抜擢を受けることになった。

エンディングテーマとなる「大好きだよ」は4月6日にリリースとなるが、<さっぽろ雪まつり>にて2月9日・11日・13日の3日間登場し、初お披露目が行なわれる予定だ。すでにアニメ『もしドラ』の公式サイトでは予告編と合わせて「大好きだよ」の試聴が公開されている。

◆アニメ『もしドラ』オフィシャルサイト

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス