映画『ドアーズ/まぼろしの世界』、グラミー最優秀長編ミュージックビデオを受賞

ツイート
第53回グラミー賞授賞式にて、もうひとつお伝えしておきたい受賞作品がある。そう、2010年10月から日本でも公開された映画『ドアーズ/まぼろしの世界』だ。

◆映画『ドアーズ/まぼろしの世界』予告編映像

今回『ドアーズ/まぼろしの世界』が受賞したのは、最優秀長編ミュージックビデオ(ベスト・ロング・フォーム・ミュージック・ヴィデオ)賞というもの。これまでグラミー功労賞を受賞したことのあるドアーズにとって、初の部門別の受賞となる。

『ドアーズ/まぼろしの世界』は、トム・ディチロ監督によるドアーズを題材にした初の劇場用長編ドキュメンタリー映画で、新たな撮影は全く行なわれずに当時の映像のみで構成されている。ナレーションにジョニー・デップが参加していることも話題となった作品だ。

映画は東京での上映は既に終了し、現在上映中の沖縄で興行終了となるが、2011年1月26日にDVDがリリースとなっている。是非チェックを。

DVD『ドアーズ/まぼろしの世界』
1月26日(水)発売
KIBF-850 4,179円(税込)
■映像特典:予告編、J・モリソンの父、提督ジョージ・S・モリソンがジムについて初めて公に語ったインタビュー。
■封入特典:特製リーフレット(作品解説、トリビア、監督インタビュー)
※ドアーズを題材にした初の劇場用長編ドキュメンタリー映画であり、メンバーが唯一公認した作品。
※監督はジム・ジャームッシュなどの作品で撮影を手がけ、ブラッド・ピット主演で映画化された『ジョニー・スエード』で監督・脚本を務めたトム・ディチロが担当。
※The WHOを前座に迎えた1968年のシンガーボウルでの映像や伝説のエド・サリヴァン・ショー出演時の模様、ジャ二ス・ジョップリンやアンディ・ウォーホルたちの交流が語られるなど、当時の貴重な映像のみで構成。
※ナレーションは、自ら名乗りを上げた大のドアーズファンというジョニー・デップが担当し、ドアーズの軌跡を刺激的に描き出している。
出演:ドアーズのメンバー:ジム・モリソン/ジョン・デンズモア/ロビー・クリーガー/レイ・マンザレク
脚本・監督:トム・ディチロ
ナレーション:ジョニー・デップ
2010年/アメリカ映画/カラー(一部モノクロ)/85分/16:9LBビスタ/ドルビー5.1ch/英語/日本語字幕
日本語字幕:和田絵理
字幕監修:野沢収
(C)2010 Rhino Entertainment Company, a Warner Music Group Company.
www.thedoors.jp

◆洋楽チャンネル
◆レジェンド&クラシック・ロック・チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報