タイナカ彩智、名前の表記を新たに高純度な傑作アルバムが完成

ツイート
自身のレーベルを立ち上げ、名前の表記も新たに、新スタートを切ったタイナカ彩智が、待望のニュー・アルバム『innocent』をリリース。プロデューサーに広沢タダシを迎え、これまで以上にまっすぐ音楽と、自分自身と向き合った本作は、隅々にまでタイナカの意志が息づく軽やかにして濃厚な1枚。純度100%の粒ぞろいな楽曲とセンスの光る世界観が聴く人を惹きつけてやまない傑作だ。デビュー5周年に突入して一皮も二皮もむけた新生タイナカに話を聞いた。

◆タイナカ彩智 画像

――いいアルバムができましたね!

タイナカ:ありがとうございます! 今回は名前の表記も変えて新しくスタートする時期なので、自分の届けたい世界観を視覚でも聴覚でも感じてもらえるようにと思って、細部にまでこだわって作りました。すごく楽しかったです。

――今“名前の表記を変えて”という言葉が出ましたが、なぜ今作から表記を変えようと?

タイナカ:2010年から体制を変えて活動してきて、自分の世界を思いっきり表現するためにも今回レーベルを立ち上げたんですけど、せっかくならこの機会に名前の表記も変えようかなと。もともと、本名の彩智っていう漢字はすごい気に入ってたんですよ。ただ、ちょっと読みにくいから今までは使ってなかったんです。でも“彩”っていう字がこれから表していきたい鮮やかなものとリンクしたので、じゃあここからニューネームでやっていこうと。

――心機一転。

タイナカ:そうですね。で、この新スタートにあたって、いろいろそぎ落とす作業もしたんですよね。

――そぎ落とす作業?

タイナカ:はい。今回のアルバムはピュアなものとか罪のないものっていう“イノセント”がテーマなんですけど、何年もやってると例えば歌詞にしても歌い方にしてもクセがついてしまう部分があって。そういうのを一度なくして、それこそピュアな自分に戻そうと思ったんです。で、そんなことをいろいろ考えながら楽曲を作ってる時に、実家に帰ったら、私が10歳の時に歌った音源がたまたま出てきて。「コックのポルカ」っていう…それ、今作に入れたんですけど。

――えっ、あれってサッチャンが歌ってるの? 私、すご~く昔の子供が歌ってるんだと思った。

タイナカ:戦時中の子供とか?

――そうそうそう。昭和初期の子供とか(笑)。

タイナカ:あははは! あれ、10歳の彩智ですよ~!(笑) でね、その音源を聴いた時、ビビビッと来たんです。そういえば私、子供の頃から歌うことがただひたすら楽しくて、一生懸命歌ってたなぁって。で、今みんなに届けたいのはこの気持ちや!と思って。そしたらよけいに、一回クセを取って、お父さんお母さんからもらった声を一番響かせる歌い方を見つけてみようっていう気持ちになって。だから今回、歌い方もピュアに、ナチュラルに響かせたんですよね。

――そのナチュラルな歌い方、新鮮だったし、気持ちよくスッと心に届いてきました。

タイナカ:わぁ~、よかった~!一度ついてしまったクセをそぎ落とすのはかなり苦労したんですけど、そう言っていただけるとうれしいです!

――あと、新鮮と言えば楽曲的にも「tell me love」とか「ワンダーランド」とか、今までにはなかったタイプの曲で。

タイナカ:そうですね。「tell me love」は初めてギターで作った曲なので、違う雰囲気になってるんだと思います。あと、コトリンゴさんがピアノを弾いてくださった「ワンダーランド」は、全曲気に入ってる今作の中でも特にお気に入りの1曲なんですけど。あれは踊れる曲……といっても普通のダンスじゃなくて、天使が舞うバレエみたいな、そういうバレエ・ソロができる曲を作ろう!と思って作った曲で。歌詞はちょっとイッちゃってるというか(笑)。

――(笑)でもセンスが光ってるよね。で、この「ワンダーランド」に限らず、例えば、それこそ「コックのポルカ」をアルバムにサクッと入れちゃうセンスとか、タイナカ彩智の真骨頂とも言えるせつない名曲「innocent」のあとに、せつなさから引き戻すような小粋なエンディングを入れる感覚とか、いろんなところでセンスの良さを感じました。

タイナカ:あぁ…みんなそんなふうに何かしら引っかかってくれるといいなぁ(笑)。今回は自分のやりたいことをどんどん出していって、もちろん一緒にやってくださったプロデューサー広沢タダシさんのセンスの良さも反映してると思うんですけど、自分の思い描いていた世界が表現できたっていう自信がすごくあるんです。反面、個人的な好みとかセンスが全面的に出てる分、前より入り口は狭くなったかもしれないとも思うんですよ。ただ、好きな人はすごく好きな世界やと思うので、何か引っかかってくれた人はどっぷりこの世界にハマってくれたらなと思いますね。

――全面タイナカ彩智ワールド!のアルバムになってますよね。ちなみにジャケットとかも雰囲気があるけど、それもサッチャンが考えて?

タイナカ:はい。いろんな色が浮かんできて、手作りの色で遊びたいなと思ったので、見えないはずの色を加工したりしました。でも私自身の写りはあくまでもピュアじゃないといけないと思ったので、今回、私はほぼスッピンで。あと、タイトルも手書きの文字で書いてもらったり、歌詞カードには遊び心のある絵を描いてもらったり…思ってた以上のものができて、もう、超可愛いです!(笑) すべてを注ぎ込んで作ったので、分身みたいな気がしてて、可愛くてたまらないです(笑)。本当に自信作だし、できるだけ多くの人に聴いていただきたいですね。

――そして。この記事がアップされる頃にはもうスタートしてるはずだけど、そんな可愛い自信作を抱えて、デビュー5周年ツアーもあるんですよね? 

タイナカ:そうなんです! 今回たまたまなんですけど、新スタートとデビュー5周年が重なって、めでたいツアーになるので(笑)、内容もすごく濃いものになると思います。曲数もたっぷりやる予定ですし。

――じゃあ、そこにサッチャンのMCも加わると、結構長時間ライヴになる可能性も?

タイナカ:あ、えーと…でも、電車があるうちには帰れるようにします(笑)。

取材・文●赤木まみ

New Album
『innocent』
2011年3月2日発売
¥2,500(tax in)
01. CLOSE
02. ペンギン
03. And U
04. 好きだよ
05. tell me love
06. ワンダーランド
07. Wait for me
08. shadow
09. コックのポルカ
10. innocent

<5 Anniversary Live Tour 2011 ~innocent~>
★2月13日(日) 渋谷DUO(東京)
☆2月19日(土) DRUM Legend(福岡)
★2月26日(土) ell FITS ALL(名古屋)
★2月27日(日) 心斎橋JANUS(大阪)
   ゲスト:広沢タダシ (http://www.hirosawatadashi.com/)
☆3月5日(土) cafe MOZART(仙台)
☆3月6日(日) musica hall cafe(札幌)
(★=バンドスタイル、☆=弾き語りスタイル)
※全会場で、ニューアルバム「innocent」先行発売と、サイン会あり。
◆チケット詳細&購入ページ

<ミニライブ&サイン会>(イベント特典あり!!)
●3月11日(金)ラゾーナ川崎 ルーファ広場グランドステージ
18:00~/19:30~
HMVラゾーナ川崎店にて3/2(水)発売のニューアルバム「innocent」ご購入のお客様に、先着でサイン会引換券をお渡し致します。
●3月12日(土)タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
14:00~
タワーレコード新宿店・渋谷店にて3/2(水)発売のニューアルバム「innocent」ご購入のお客様に、先着でサイン会引換券をお渡し致します。
(問)タワーレコード新宿店 TEL:03-5360-7811

<2011年夏のワンマンライブツアー大決定!!>
7月3日(日)渋谷 PLESURE PLESURE
7月8日(金)名古屋 Electric Lady Land
7月10日(日)大阪 umeda AKASO
チケット前売料金 ¥3,800
●GET TICKET
受付期間 2011.2.13(日) 19:00 ~ 2011.2.28(月) 23:59
※規定枚数になり次第終了致します。
申込ページ 【PC・携帯共通】
http://www.getticket.jp/g?t=pris9hq

◆タイナカ彩智オフィシャル・サイト
◆タイナカ彩智ブログ
この記事をツイート

この記事の関連情報