英大学生が注目するジェイムス・ブレイク、デビュー・アルバムをリリース

twitterツイート
1年前から英国の大学生たちが注目してきたジェイムス・ブレイクが、セルフ・タイトルのデビュー・アルバム『James Blake』をリリースした。

◆「Limit To Your Love」「The Wilhelm Scream」PV映像

ジェイムス・ブレイクは、2011年活躍が期待される新人リスト<BBC Sound OF 2011>でもJessie Jに次ぐ2位に登場。ダブステップの新鋭と表されるが、繊細なメロディ、規則にとらわれないリズム、複雑なビート、張り詰めた音と時間、そして沈黙を融合し独自のサウンドを作り上げている。


1988年に北ロンドンで誕生したブレイクは、幼いころからピアノを学びクラシックの基礎を身に着けた後、ゴスペルやティーンエイジャーのときクラブで聴いたグライムやガラージに衝撃を受け、作曲をスタートするようになった。最初は純粋なオリジナル・ダブステップをコピーしていたが、徐々に自分のセンスやアイディアを注ぎ込むようになったという。

その特徴的なサウンドであるホワイトノイズや沈黙に対し、彼はこう話している。「トラックの中にはいろんなひどいノイズが含まれているんだけど、実際には心地よく聴こえるんだ。前からノイズをレイヤーするのが好きなんだけど、そうすることによって音の存在をはっきりさせることができる。音をノイズというクッションの上に乗せることによって、それぞれの存在を確立できる」「聴こえなくなって初めて感謝できるサウンドってあるんだと思う」

その世界感を代表されるシングル「Limit To Your Love」は、いま巷にあふれる耳障りなポップやダンスミュージックに飽き飽きしているミュージック・ファンに静かな衝撃を与えるはず。

2011年が始まってまだ2ヵ月足らずだが、今年のベスト・アルバム・リスト入り間違いない作品が生まれた。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス