GACKTの眠狂四郎、「映画化?」と迫られ紀里谷監督は笑顔で否定

twitterツイート

GACKTが主演する舞台「眠狂四郎無頼控」(柴田錬三郎原作)が2月27日、東京国際フォーラム(ホールC)で千秋楽を迎えた。公演は2010年5月に東京日生劇場で幕開け。大阪、福岡など全国7都市で120公演を行ない、約15万人を動員した。舞台を収録した映像は今春、テレビ放送され、DVDの発売も予定されている。

◆GACKT「眠狂四郎無頼控」画像

舞台は江戸時代後期。アヘンを密輸する備前屋与兵衛(綿引勝彦)らに、父親を殺害した敵が眠であるとだまされた兄妹は仇討ちを企てるが、眠の優しさに触れ真実に気付く…という物語。GACKTは日々5時間のトレーニングをこなし、また過去にNHK大河ドラマ「風林火山」(2007年)で上杉謙信を演じたこともあり、しなやかな殺陣さばきは圧巻。劇の後半、刀や槍を持った敵が四方から飛び出し襲い掛かる場面では左右の手に刀を持ち、怒りの声を上げながら5分以上もの間、大立ち回りを演じ、1400人の客を釘付けにした。

兄妹を操っていた備前屋が有する刺客・三雲迅雷(嶋田久作)と対峙するシーンでは、「追い求めたのはこの真剣勝負」と挑発する三雲(嶋田)に、「この世の見納めに、円月殺法をお見せしよう」と妖刀「無想正宗」で弧を描き必殺剣を披露。息を飲む迫力に、大きな拍手が沸き起こった。

出演者同志のアドリブも多い舞台。千秋楽では満月の夜、武部仙十郎(田中健)の屋敷でGACKTが、愛する美保代(杏さゆり)と同じ盃を交わし、見つめ合うラブシーンで、武部(田中)が「君に逢いたくて 誰よりも逢いたくて~」とGACKTの「君に逢いたくて」を歌いながら2人の間に割り込む即興が。

「これはGACKTの歌じゃ。歌ってみろ」と冗談を言う武部(田中)にGACKTは、「聴きたいのか。だったら、8月から始まる全国ツアーに来い」と今夏、コンサートの予定があることが発表された。

また最終日とあり客席には、GACKTと親交がある映画監督の紀里谷和明の姿も。舞台を降りフロアに飛び出した立川談亭(古本新乃輔)に「眠が映画化?」と迫られた紀里谷監督は、笑いながら首を横に振り否定していた。

取材・文:西村綾乃
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報