パストーレ、ブラジルから登場した超ド級のヘヴィ・メタル・バンドが日本デビュー

ツイート
ブラジルから無差別級の重厚サウンドを引っ提げて超ド級のヘヴィ・メタル・バンド、パストーレが登場、3月9日に日本デビューアルバム『ザ・プライス・フォー・ザ・ヒューマン・シンズ』をリリースする。

ブラジルは、セパルトゥラをはじめとして、アンドレ・マトス、アングラなど人気バンドが多いが、それらの先達にも劣らないパッションとテクニック、そして超ド級のサウンドを誇るのが、このパストーレだ。

パストーレは、ヘヴィ・メタル・シンガーであるマリオ・パストーレが新しいプロジェクトとして結成した。驚くべきハイトーンと力強い声がミックスした、新時代のスターになる素質を持ったマリオ率いるパストーレは、まさに全編、鋼鉄サウンド全開。必聴のヘヴィ・メタル・バンドなのだ。

マリオ・パストーレは多くのバンドで作品を残しており、紆余曲折の後にこのプロジェクト「パストーレ」を始動。素晴らしい創造性、強烈なリフによる曲構成、パワーとメロディーを併せ持つマリオ・パストーレの驚愕な多様性を持つ声によって、ヘヴィ・メタルの本質に焦点を当てた究極のサウンドになった。

メンバーは、マリオ・パストーレ(Vo)、ラファエル・ガザル(G)、ファビオ・ブイットヴィダス(Dr)という3人構成。このアルバム『ザ・プライス・フォー・ザ・ヒューマン・シンズ』は、本国ブラジルで2010年9月に発売された(アルバムではベースのほとんどをギターのラファエルがレコーディング)。

ともかく、このスピード感とヘヴィなリフ、そしてメロディアスで、メタルの真骨頂とも言えるハイトーンヴォーカルは、日本でも人気の出る要素いっぱい。話題になることは間違いないだろう。メタル・ファンはぜひ。

『ザ・プライス・フォー・ザ・ヒューマン・シンズ』
2011年3月9日発売
QIHC-10014/\2,700(tax in)
1.THE PRICE FOR THE HUMAN SINS
2.FERAS & LIES
3.FALLEN ANGEL
4.FAR AWAY
5.JUST HUMAN
6.HERCOLOBUS
7.HORIZONS
8.KEEP THE FLAME ALIVE
9.NOBODY’S WATCHING
10.DARKEST DREAMS
11.SAVE MY SOUL
12.SIGN FROM THE SKIES
13.OUT OF CONTROL <国内盤ボーナストラック>

◆オフィシャル・マイスペース
◆HYDRANT MUSIC
◆BARKS 洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報