竹仲絵里、ジブリ音楽をリスペクト

ツイート
毎年10月に行なわれる<三鷹の森フェスティバル~ジブリ美術館~>に3度の出演を果たしている竹仲絵里が、兼ねてからの夢であったというジブリ音楽の作品『記憶の森のジブリ』をリリースした。

◆竹仲絵里画像

『記憶の森のジブリ』は、30歳を迎えた竹仲絵里が小学生の頃から変わらず大好きというジブリ音楽に真っ直ぐに向き合い、素直に歌い上げ、メロディ・歌詞の世界感を大切にした、彼女ならではのアコースティックなサウンドとなっている。

中でも特筆すべきは「崖の上のポニョ」のイメージアルバムに収録されている「ひまわりの家の輪舞曲」を初めてカバーしている点であろうか。劇中の「ひまわりの家」という老人ホームで過ごすお婆ちゃん達の気持ちを綴った温かくも切ない歌詞世界が、優しく心を打つ。先般催された草月ホールでのコンサートではリリースに先駆けて初披露され、多くのオーディエンスの涙を誘い、USENでは早くもチャートイン、同世代からも「懐かしい感じ」「子供と一緒に楽しめる」と支持されている。

3月12日~13日には、<吉祥寺アニメフェスティバル>への出演も決定、発表となっている。吉祥寺の街とともにアニメに親しみをもてるイベントとして定評のあるこのフェスティバルは、3月12日~13日の2日間にわたって開催され、吉祥寺アニメーション映画祭、ガンダム・プラモデル製作、チェブラーシカと遊べる…など、様々なアニメが楽しめるイベント満載の吉祥寺がアニメ一色になる週末となる。もちろん全ての催し物は入場無料だ。竹仲絵里の出演は13日(日)14:30より。是非チェックを。

<吉祥寺アニメフェスティバル>
2011年3月12日~13日 
●吉祥寺まちなかライブ~アニメMix~生演奏ライブ&握手会
@コピス吉祥寺 ふれあいデッキこもれび広場
※竹仲絵里の出演は3/13(日)14:30~
※アンパンマン・ネコ美役などでお馴染みの声優・長嶋はるかと共演
[問]武蔵野市観光推進機構 0422-23-5900

『記憶の森のジブリ』
2011年2月23日発売
YRCN-95161 ¥2,200(税込)
1.テルーの唄
2.君をのせて
3.カントリー・ロード
4.さんぽ
5.ひまわりの家の輪舞曲
6.世界の約束
7.ルージュの伝言
8.もののけ姫
9.時には昔の話を
10.風のとおり道
11.いつも何度でも
※ジャケットは40号サイズ(縦100cm×横80cm)の油絵。元ジブリ美術館で働いていた画家金子琢磨氏の作品をジャケットに起用。

◆吉祥寺アニメフェスティバルサイト
◆竹仲絵里オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報