【災害関連】スキマスイッチ、YouTubeを通じて歌の贈り物

twitterツイート
スキマスイッチが、歌の贈り物をYouTubeを通じて被災地に贈った。

◆3月13日に公開されたスキマスイッチ「奏」動画

大橋卓弥が「歌うことしかできませんが…聴いてください。」という言葉とともに、常田真太郎のピアノをバックに「奏」を歌うこの動画は、所属事務所のオフィシャルYouTubeチャンネルに投稿されたもの。さらにふたりの友人であるSING LIKE TALKINGの佐藤竹善がスキマスイッチの大橋卓弥からメールを受け取り、ブログとTwitterで告知している。

以下、佐藤竹善のブログに掲載されているスキマスイッチからのメール文面を転載する。

   ◆   ◆   ◆  

僕らに出来ることはないかと話し合いをした結果、歌をYouTubeでアップする事にしました。
こんな時代だし最初は怖かったし、シンタ君とケンカにもなりましたが僕らの答えとして勇気を出してやってみました。
そこで竹善さんのツイッターはかなりフォローされていると聞きました。
もしよかったら僕らの映像に繋がるURLを載せてもらえないでしょうか?
よろしくお願いします!
竹善さんも何かやるなら是非声かけてくださいね!
僕たちに出来る事があれば小さな事でもトライしてみましょう。

たくや

   ◆   ◆   ◆  

なお、佐藤竹善は、<これをご覧になった方、ぜひとも放送局なり友人なりに広めてくださいな。>と、スキマスイッチからの音楽の贈り物が少しでも広まり、被災者をはじめ、今、多くの頑張っている人たちの心の安らぎになることを希望している。

◆スキマスイッチ オフィシャルサイト
◆佐藤竹善 オフィシャルTwitter
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報