【災害関連】今井絵理子、自身の日記に障害者への避難支援マニュアル掲載

twitterツイート
SPEEDのメンバーとして、そしてソロアーティストとして、または礼夢君の母親として頑張る今井絵理子。彼女のオフィシャルサイトの日記に、障害者への避難支援マニュアルが掲載されている。元々は、彼女のオフィシャルサイトのBBSにファンが書き込んだ内容のようだ。以下、その内容を転載させていただく。

   ◆   ◆   ◆

1.視覚障害者の誘導方法
肩や腕を貸す形で、半歩前を歩いてください。
視覚障害者を押したり引っ張ったりしないでください。
誘導しているとき、周りの状況を伝えて下さい。
方向を示す時は、時計の針の位置で伝えて下さい。
(例えば、時計の文字盤による方向は、右は3時、左は9時、正面は12時と考えます。)

2.聴覚・言語障害者の支援方法
耳が聞こえない人は、外見ではすぐにわかりにくいです。
家に来られても、音や声ではわかりません。
懐中電灯などで照らしてください。
障害を持った方々は、笛を吹いたりして知らせます。

【コミュニケーションの方法】
●筆談(ひつだん、紙に書いて伝える):
筆記用具がなければ、相手の手のひらに指先で文字を書いたり、
空間にゆっくりとひらがなで字を書きながら口を大きく開いて話しかけてください。

●読話(どくわ):
あなたが話す口の形を見て、内容を理解します。
障害を持つ方の顔(正面)を見て、口を大きく開いてはっきりとゆっくり話しかけてください。ラジオの情報を伝えてください。
避難所で食事の配給などの音声情報が入りません。

3.身体障害者・肢体不自由者(車椅子など)の支援方法
家が住めないような状態や火事にならない限り、在宅で過ごす人が多いと思われます(安心した福祉・医療機器の設置等完備)。
水や食料の配達をお願いします。
エレベータが止まると、他の階に階段を使用して移動することができません。
援助者が複数必要です。 車椅子の押し方や避難の方法は、障害者(及び家族)と相談してください。
見た目では、ハンディがあると解らなくても、呼吸器や内臓に疾患がある人・膀胱や直腸に障害のある人などもいます。
そういった人が困っていたら、緊急連絡先に連絡して、その後の対応に協力してください。

4.精神障害者・知的障害者の場合
パニックに陥っているときは、「大丈夫」「安心してください」や、「助けに来たよ」と声をかけ、安心・落ち着かせてあげてください。
現在の場所にいることが危険な場合は、避難場所など、安全な場所まで連れて行ってください。
話し方については、解りやすく簡単な言葉を使ってください。 話は短く切って、一問一答のように確認しながら行ってください。できるだけ早く、家族や施設・通所先に連絡を取ってあげてください。

   ◆   ◆   ◆

なお、今井絵理子の日記によるとSPEEDのメンバーは全員無事とのこと。また、今井は、自身のサイトのBBSやTwitterなどを通じて、みんなでできることを一緒に考えようと呼びかけるとともに、「できるかぎり、私ができることは形にしたいと思っている!」とコメントしている。

現在、日本中が一致団結し、そして世界からの祈り“pray for Japan”を受けて、未曾有の大災害となった東北地方太平洋沖地震と、それに付随する幾多の困難に立ち向かっている。多くのアーティストはもちろん、日本に住むひとりひとりが、募金や節電(通称:ヤシマ作戦)など、できる限りの、思い思いの形で。

◆東北地方太平洋沖地震にまつわる音楽・アーティスト関連情報ページ
◆今井絵理子 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報