ヨーコ・オノ、ルー・リード、坂本龍一ら日本支援コンサートに出演

twitterツイート
ヨーコ・オノ、坂本龍一らが、東北地方太平洋沖地震の被災者を支援しニューヨークで開かれるチャリティー・コンサートに出演することが明らかになった。

3月27日、コロンビア大学のMiller Theatreで開かれるコンサートには、ヨーコ、その息子ショーン・レノン、ソニック・ユース、フェイス・ノーモアのマイク・パットン、チボ・マットらが出演。チケットの収益すべてが、NYを拠点に日米の相互理解と交流に尽力するJapan Societyが設立した地震救済基金へ寄付されるという。

また4月9日には、そのJapan Society内で別のチャリティー・コンサートが開催される。ここでは坂本龍一、ルー・リード、ローリー・アンダーソン、フィリップ・グラスらが日本のためにパフォーマンスする。

どちらのコンサートも親日家のサックス奏者、ジョン・ゾーンが主催。ゾーンは「個人的にずっと日本との強いつながりを感じてきた。支援に向け、自分の役目を果たすことができて嬉しく思っている。素晴らしい夜になるだろう」と話している。

Ako Suzuki, London

◆東北地方太平洋沖地震にまつわる音楽・アーティスト関連情報ページ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報