東京エスムジカが、東北地方太平洋沖地震の復興に協力するチャリティーソング「誇り高く」を発表した。

これは、今回の震災に大きな衝撃を受けたリーダーの早川大地のTwitterでの呼びかけに、ミュージシャン、エンジニア、スタッフそれぞれが自ら手を上げたもので、音楽家としてなにか力になりたいとの思いから、急遽書き下ろしたもの。オリジナルメンバーの東京エスムジカとしては数年ぶりの録音になる。

いま現在は未曾有の事態ではあるが、節電への協力、被災地の助け合い、人々の連帯。こんな状況であってこそ見えてくる、つながり、人々の本当の強さに感動したこと、が歌詞のテーマになっている。


この曲の録音には、スタッフ、ミュージシャンそれぞれが自分の仕事の合間をぬって作業を行い、震災2日後の13日に作業を開始してわずか6日間で完成。メンバーの平得美帆が沖縄在住のため、ネットを使って、沖縄、東京を結んだ遠隔レコーディングとなった。この「誇り高く」にはかかわった全員の思いがこもっているということだ。

この楽曲はDLサイト等で販売され、その収益は全額チャリティに当られる。詳しくは早川大地@daichihajiのTwitterもしくはサイトを参照してほしい。

<クレジットその他>
■楽曲クレジット
歌・作詞:東京エスムジカ
作曲・編曲:早川大地
ギター:永田“Zelly”建志
ベース:石村順
パーカス:丸山真弘
ボーカル録音・ミックス:澤田ゆうすけ
ボーカル録音:迎里中(むかいざとあたる)
web:西脇和馬

◆東京エスムジカ暫定サイト
◆東北地方太平洋沖地震にまつわる音楽・アーティスト関連情報ページ