ドキュメンタリー映画『ドクター・フィールグッド -オイル・シティ・コンフィデンシャル-』、4月9日(土)公開

ツイート
ドクター・フィールグッドの真実を映し出すドキュメンタリー映画『ドクター・フィールグッド -オイル・シティ・コンフィデンシャル-』が4月9日(土)に公開となる。

◆ドクター・フィールグッド画像

70年代初頭からイギリスのパブロック・シーンを牽引し、後のパンク・ロック・ムーブメントの火付け役となったドクター・フィールグッドは、イギリスの石油の町キャンベイ・アイランド=オイル・シティから登場した。当時全盛だったシンセサイザーを多用したソフトなロックに反し、ウィルコ・ジョンソンのピックを用いない鋭いカッティングと狂気を伴った視線は、ロックシーンに多大な影響を与えた。ウィルコ・ジョンソンのアグレッシブなステージ・パフォーマンスと、白いスーツにくわえタバコといった出立ちのリー・ブリローのワイルドな歌声という2つの強烈な個性は、激しく火花を散らし、余分な贅肉を削ぎ落としたソリッドなロックを生み出していった。

安物のスーツに身を包んだ4人組がいかに爆発的な勢いでイギリスのロックシーンを変えてしまったか、どのように結成され、その後どのような経緯をたどったか…、当時のイギリスの文化、社会情勢、パブ・ロックとともに映し出すドキュメンタリーである。

本作はジュリアン・テンプルの『NOFUTURE A SEX PISTOLS FILM(原題:The Filth & The Fury)』、『LONDON CALLING/ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー(原題:The Future Is Unwritten)』に続く1970年代イギリス音楽三部作最後の作品で、三作のなかでもっともシーンの初期を紹介しているものであるという。

セックス・ピストルズやジョー・ストラマーといったパンク・ロックの文化が爆発していく裏で、ドクター・フィールグッドが果たした極めて重要な役割、その真実を知る物語でもある。

バンドの結成40周年となる2011年、遂に日本上陸だ。

『ドクター・フィールグッド ~オイル・シティ・コンフィデンシャル~(原題:Oil City Confidential)』
出演:リー・ブリロー(ボーカル・ハーモニカ)、ウィルコ・ジョンソン(ギター)、ジョン・B・スパークス(ベース)、ジョン・マーティン(通称ビッグ・フィガー)(ドラムス)
監督:ジュリアン・テンプル
2009年/制作国イギリス/106分/カラー/原題:Oil City Confidential
(C)Copyright 2009 Cadiz Music Ltd
2011年4月9日(土)シアターN渋谷他全国順次公開
4/9(土)~5/7(金)モーニング&レイトショー(連日11:00/21:00)
同時上映「東京ルード」(7分)

<初日舞台挨拶>
ウィルコ・ジョンソン初日舞台挨拶
4月9日(土)開場20:45/ 開演20:55
@シアターN渋谷
チケットは特別料金2,000円均一

<ウィルコ・ジョンソン JAPAN TOUR>
2011年4月6日
@大阪心斎橋CLUB QUATTRO
2011年4月7日
@東京渋谷CLUB QUATTRO
[問]SMASH 03-3444-6751 smash-jpn.com

◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報