<WORLD HAPPINESS 2011>、追加アーティストに神聖かまってちゃんも

ツイート
8月7日(日)に東京夢の島公園陸上競技場で開催となる<ワールドハピネス2011>の参加アーティストが新たに3組発表となった。Fennesz+Sakamoto、神聖かまってちゃん、KIMONOSだ。

Fennesz+Sakamotoは、フェネス(Fennesz)名義でも活動しているオーストリアのギタリスト、クリスチャン・フェネスと坂本龍一とのプロジェクトだ。2005年に坂本龍一との共演作品「Sala Santa Cecilia」を発表、2007年にはFennesz+Sakamoto名義でフル・アルバム『Cendre』をリリースしており、同年のYELLOW MAGIC ORCHESTRAのヨーロッパ・ツアーでは、フェネスがギタリストとして参加していた。

KIMONOSは、LEO今井と向井秀徳(ZAZEN BOYS)によるニュー・プロジェクトで、2010年11月には細野晴臣のカヴァー曲「Sports Men」が収められた1stアルバムをリリースしている。

神聖かまってちゃんを含むこの3組の参加で出演アーティストは全10組が発表となった。2010年は14組が参加していたことを考えると、近々発表が予定されている追加アーティストでそのラインアップがさらに厚みを増しそうだ。

<WORLD HAPPINESS 2011>のチケットは、5月29日(日)一般発売。公式サイトでは、先行予約を受け付けている。

<WORLD HAPPINESS 2011>
2011年8月7日(日)
@東京夢の島公園陸上競技場
開場11:30/開演12:30(終演予定20:30)
チケット発売日:5月29日(日)
http://www.world-happiness.com/

WORLD HAPPINESS 2011出演アーティスト
・YELLOW MAGIC ORCHESTRA(3回目)
・高野寛(2回目)
・LITTLE CREATURES(初)
・スチャダラパー(2回目)
・TOWA TEI (初)
・星野源(初)
・OKAMOTO'S(初)
・コトリンゴ(2回目)
・Fennesz+Sakamoto(初)
・神聖かまってちゃん(初)
・KIMONOS(初)
この記事をツイート

この記事の関連情報