大変革のHOUSE NATION、5代目カバーガールは人気モデル・大石参月

ツイート

もはや知らない人はいないのではないかというCD/パーティー連動型ダンスミュージック・プロジェクト“HOUSE NATION”(ハウスネイション)。最新作『HOUSE NATION Party Anthems』(ハウスネイション パーティー・アンセムズ)が4月6日に発売された。これまで道端ジェシカ、長谷川潤、浦浜アリサ、Angelababyと超人気モデルが続々と登場してきたCDジャケットのカバーモデルも5代目。2011年は、講談社『ViVi』専属モデルとして大人気の大石参月を大抜擢だ。

◆大石参月 画像集・映像集

本作より“完全現場主義”として大リニューアルを行なったHOUSE NATION。これを機にロゴも一新され、楽曲もHOUSE NATIONの象徴といえた“キラキラハウス”、“オシャレハウス”だけではなく、ディスコテイストやエレクトロテイスト、ヒップホップテイストな作品なども収録された。つまり、全世界のダンスミュージックのトレンドをいち早く収録し、全てのダンスミュージックLOVERに対応した一枚に仕上がっているのだ。中でも西城秀樹のヒット曲でおなじみ、ヴィレッジ・ピープル「YMCA」のディスコハウスカバーや、ジャパニーズヒップホップシーンの大御所・DJ MASTERKEYがプロデューサーとしてHOUSE NATIONに初参戦した作品など注目楽曲が目白押し。

なお、5代目カバーモデルに決定した大石参月は、『ViVi』読者にはおなじみだが、これまでにShinichi Osawa「Our Song」、FACT「a fact of life」、Juliet「ユキラブ」といったミュージックビデオへの出演経験もあり、そのたびに音楽ファンの間でも「あの可愛い女の子は誰?」とちょっと話題になっていた。

以上のように進化したHOUSE NATION。その最新サウンドは、CDで、そしてすでにスタートしている全国ツアーで体感してほしい。


◆HOUSE NATION オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報