がんばろうニッポン 愛は勝つ シンガーズ「愛は勝つ」のPVが公開

ツイート
アップフロントグループおよび関連会社所属アーティスト全131人、そして全スタッフによる、東日本大震災の義援プロジェクト「『がんばろうニッポン 愛は勝つ』プロジェクト」。この活動の一環として、がんばろうニッポン 愛は勝つ シンガーズによる「愛は勝つ」のミュージックビデオが公開された。

アップフロントエージェンシーに所属する堀内孝雄の、「KANの名曲『愛は勝つ』の中に<どんなに困難でくじけそうでも 信じることを決してやめないで>という歌詞があり、この歌を歌手仲間みんなで歌うことで、東北のみんなに、少しでも笑顔が戻るのなら」という提案、そして声かけによりスタートした今回のプロジェクト。そして「愛は勝つ」は今回、チャリティーソングとして、被災地へ、そして日本全国への想いを胸に集結した129名の所属アーティスト、タレントたちによって歌われた(スケジュールの都合で田中義剛、めんこい内村は不参加)。なお同曲は、4月9日よりレコチョク、iTunesなどで配信を開始。この配信における収益は全額、日本赤十字社を通じて寄付される。

また、同4月9日の11時からは、関東大震災の復興事業の一環として造成された横浜市中区の山下公園にて、横浜市、Y152実行委員会と共催で、<東日本大震災救援「がんばろうニッポン 愛は勝つ」~From Yokohama with love~>と題したチャリティーイベントを開催。当日参加可能な98名が想いをひとつに「愛は勝つ」を歌い、そして市内3カ所で16時まで募金を呼びかける(雨天決行。もちろん集められた募金もすべて、日本赤十字社を通じて寄付される)。さらにアップフロントグループでは、一日でも早い被災地の復旧、復興を願い「がんばろうニッポン 愛は勝つ」のスローガンのもと、全所属タレントおよび全スタッフによる支援活動を継続的に行なうとしている。

今回発表された、この「愛は勝つ」のミュージックビデオ。映像に映っている参加アーティストたち全員、希望と笑顔に満ち溢れている。そこに“弱さ”のつけ込む隙が一切ないのは見てわかることだろう。

過去最大規模の地震、そして津波などに襲われ、壊滅的な被害を受けた東北地方。それでも被災地は、そして日本は、必ず復興し、再び立ち上がる。そう信じているし、そこに何の疑いもない。これは決して楽観論ではなく、「愛は勝つ」が持つ曲のパワーと、そして全員の歌声から、「がんばれ」「がんばろう」という言葉の根底にある「被災地の、日本の、日本という国を愛するすべての人の力を信じている」という絶対的な自信が伝わるのだ。

この未曽有の大災害によって、奇しくも日本全体がひとつの固い絆、大きな力で結ばれようとしている。そして世界も“Pray for JAPAN”と、様々な形で日本を後押ししてくれている。もしかしたら、こんな時代に、KANが「愛は勝つ」という名曲を世に生み出していたことも必然だったのかもしれない。

<どんなに困難で くじけそうでも / 信じることさ 必ず最後に愛は勝つ>

東北地方の人たちは絶対に負けない。そして日本は絶対に負けない。意志あるところに道は開く。そう信じている。

「がんばろうニッポン 愛は勝つ」。


【東日本大震災救援<「がんばろうニッポン 愛は勝つ」~From Yokohama with love~>】
日程:2011年4月9日
開始:11:00~16:00(山下公園 石のステージでのイベントは11:00~11:30)
場所:山下公園 石のステージ / 元町ショッピングストリート / 横浜中華街 媽祖廟
参加:アップフロントグループおよび関連会社所属タレント98名

◆「がんばろうニッポン 愛は勝つ」プロジェクト 賛同アーティスト一覧、「愛は勝つ」ミュージックビデオ、堀内孝雄らからのメッセージ
◆アップフロントグループ
◆東北地方太平洋沖地震にまつわる音楽・アーティスト関連情報ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス