[クロスビート編集部員リレー・コラム] 中嶋編「Punk Goes Series」

ツイート

プレイン・ホワイト・ティーズやエヴリ・アヴェニュー、アレサナといった人気バンドを輩出してきたインディ・レーベル、フィアレス。同レーベルがリリースしてきたコンセプト・カヴァー・アルバム・シリーズ『Punk Goes』が2010年に10周年を迎えた。それに合わせ近作『パンク・ゴーズ・ポップ3』と『パンク・ゴーズ・クラシック・ロック』がフィアレスのバンドを多く日本でリリースしているトリプルヴィジョンから発売されたので、改めてその魅力を紹介したい。

2000年にスタートしたこの企画は、フィアレス以外も含むパンク/エモ/スクリーモ界隈のアーティストたちが、毎回一つのジャンルの有名曲をカヴァーした音源をコンパイルしたもの。記念すべき1作目『Punk Goes Metal』ではアタリスがスキッド・ロウの「I Remember You」を、AFIがガンズの「マイ・ミッシェル」をカヴァーしている。

今回日本盤化された『パンク・ゴーズ・ポップ3』はタイトル通りメインストリーム・ポップがお題で、アーティスト・ヴァーサス・ポエットによるレディー・ガガ「バッド・ロマンス」、ザ・ワード・アライヴによるカニエ・ウェスト「ハートレス」あたりが聴きどころ。ちなみに過去2作ではイエローカードが歌うミシェル・ブランチ、ザ・スターティング・ラインが歌うジェニファー・ロペスなんてのもあった。選曲から好きなバンドの意外な一面も垣間見れて 楽しい。

◆クロスビート・チャンネル
◆クロスビート最新号(オフィシャルサイト)
この記事をツイート

この記事の関連情報