細野晴臣、30年ぶり『徹子の部屋』へ

ツイート
2011年4月20日に放送されるテレビ朝日系『徹子の部屋』に細野晴臣が出演する。

細野の『徹子の部屋』出演は、イエロー・マジック・オーケストラとして活動していた1981年1月8日の放送以来、実に30年振り。番組では、現在の活動のほか、タイタニック号に乗船していた唯一の日本人船客であり生還者である祖父・細野正文氏のエピソードなども披露される。

ところで、そんな細野晴臣は、4月20日に38年ぶりの全曲ヴォーカル・アルバム『HoSoNoVa』をリリースする。これに先駆け、4月8日より特設サイト・hosonoharuomi.comにて『HoSoNoVa』の全曲試聴がスタートした。

また今後は、リリースを記念した<細野晴臣『HoSoNoVa』コンサート>を5月1日に東京日比谷公会堂で行なうほか、<Springfields '11>の東京、名古屋、大阪、福岡の全4公演への参加が決定している。

【<細野晴臣「HoSoNoVa」コンサート>公演詳細】
日時:2011年5月1日(日) 開場/開演:16:30 / 17:30
会場:東京日比谷公会堂
出演:細野晴臣(Vo., G.)、コシミハル(Key.)、高田漣(Pedal Steel, Mandolin)、伊賀航(B.)、伊藤大地(Dr.)
ゲスト:鈴木茂(G.)、林立夫(Dr.)、佐藤博(Key.)
スペシャル・ゲストアクト:矢野顕子
チケット料金:8,400円(全席指定/税込) SOLD OUT

◆細野晴臣 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報