ストーン・ローゼズ、メンバー再会するもリユニオンはなし

twitterツイート
最近、元ザ・ストーン・ローゼズのイアン・ブラウンとジョン・スクワイアが再会したことが明らかになり、一部メディアで「2人は和解、バンドは年内に再結成する」とのニュースが流れたが、再会したのは確かだが、再結成の話は事実ではないという。

イアン・ブラウンとジョン・スクワイアは、ベーシスト、マニの母親の葬儀に出席し、およそ15年ぶりに会話を交わしたという。そのときの様子を、同じくマンチェスター出身のバンド、インスパイラル・カーペッツのクリント・ブーン(Key)は「イアンとジョンが最近会ったっていうのは本当だ。マニの母親の葬儀だった。みんなでパブに行った。イアンとジョンはすごくいい感じだった」「彼らは2時間ほど話してた。すごくリラックスした雰囲気だった」とツイート。また匿名の関係者も「エモーショナルな再会だった」「それ以来(2人は)定期的に連絡を取っている」などと英タブロイド紙に話していた。

リユニオンが熱望されるザ・ストーン・ローゼズだけに、これに加え「年内の再結成を計画中」とまで伝えられたが、マニのスポークスマンはすぐに否定するコメントを発表。「事実ではない」とWENNに話した。

また、母親を失ったばかりのマニは「個人的な悲しみが、こんなナンセンスな話に侵略、乗っ取られた」と怒り心頭だ。「頼むから放っておいてくれ。(再結成は)ない」とNME.comに話している。

Ako Suzuki, London

◆BARKS洋楽チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報