新感覚アニメバラエティ『ユルアニ?』、音楽は宇都宮隆、オードリー・若林ほか

twitterツイート

4月12日より日本テレビ系(一部地域を除く)にて放送スタートとなる新感覚アニメバラエティ番組『ユルアニ?』。「島耕作シリーズ」「ハトのおよめさん」など講談社の人気タイトルを一挙アニメ化し、「秘密結社 鷹の爪」等でおなじみのクリエイター集団・DLE制作によるオリジナル作品も加わったことで話題の本作だが、登場各作品の音楽担当アーティスト陣が今回発表となった。

◆『ユルアニ?』音楽担当アーティストの画像、若林正恭、宇都宮隆 インタビュー全文

まず、FROGMANが監督&島耕作を担当する『週刊シマコー』の音楽制作を行なうのは、「日本ブレイク工業社歌」から桃井はるこ作品、さらにテレビアニメ『天体戦士サンレッド』主題歌などを幅広く手がける“音楽職人”manzo。さらに、「ハトのおよめさん」テーマ曲の「お嫁においで」「瀬戸の花嫁」を歌うのは、音痴としても有名なオードリーの若林正恭。ちなみに同曲のアレンジはサカモト教授が手がけている。

『ほんとにあった!霊媒先生』エンディングテーマ「pair*」を歌うのは、新人ヴァーチャルアイドル・メーウ。そして『プ~ねこ』テーマ曲および『ユルアニ?』番組エンディングテーマとなるのが、バンコク生まれの双子ユニット・Neko Jump「Ok hak ka」だ。

さらに、『ユルアニ?』内では宇都宮隆の完全新曲「CROSS」も登場するとのこと。

   ◆   ◆   ◆

──今回、若林さんにアニメの曲を歌ってほしいというオファーを受けた時の、率直なご感想をお聞かせください。

若林正恭「僕は小学校の時から人前で歌うということが本当にコンプレックスでして、なので今回、僕が歌が下手だということを面白がってのオファーだとしたら「イジってんじゃねえよ!」と思って、何だか身体が熱くなってきました!(笑)。」

   ◆   ◆   ◆

──宇都宮さんの新曲を楽しみにしているファンのみなさんに向けて、メッセージをお願いいたします。

宇都宮 隆「まずは、東北太平洋沖地震で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。今回、まさにこの曲の制作中にこの大震災が起こりいろいろと考えさせられる部分がありました。ただ、今は立ち止まっている時じゃないと思い、前を向いて歌いました。こんな時だからこそ僕の曲を聴いて、少しでもニコッとかホッってなってほしいです。」

   ◆   ◆   ◆

◆『ユルアニ?』オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報