藤井フミヤ、植村花菜、「日本人の“今”を伝えたい」

ツイート
4月22日に東京国際フォーラム ホールAで開催される<アース&ヒューマンコンシャスライブ2011>の公演に先立ち、同イベントに出演する藤井フミヤと植村花菜が、4月11日都内で会見を開いた。

◆会見画像

1990年以来、毎年4月22日の地球の日アースデーに開催されてきた本イベントは、2011年で22回目を迎える。これまでに様々なアーティストが出演してきたが、2人は初参加。初めての出演に際し、植村花菜は「このようなメンバーが一堂に集まる事がこのイベントの醍醐味。この4組ならではの空間を、みなさんと一緒に作って行きたい!」とコメント、藤井フミヤも「日本は今、ひとつになって復興に向かっている。まず会場がひとつになり、大きな声でみんなと一緒に歌いたいと思います」と意気込みを語った。

当日の模様はTOKYO FMからJFN加盟全国38のFM局に同時生中継され、中国語、韓国語、英語、フランス語、スペイン誤、日本語の6ヶ国語で世界中のラジオ局へ日本の“今”が発信される。藤井フミヤは「日本人は、みんなで助け合う素晴らしい民族だと思う。日本人の姿勢が伝わっていけばと思います」と話し、植村花菜は「みんなで支え合って生きている日本人の強い部分や底力が伝わればと思います。“日本はいい国ですよ!”と。」とコメントした。

<アース&ヒューマンコンシャスライブ2011>は、省電力を行なう為、アコースティック楽器をメインとしたアレンジでパフォーマンスされる予定となっている。藤井フミヤ、植村花菜をはじめ、今井美樹、ゴスペラーズも参加。会場、放送ではジェーン・バーキン、村上隆といった国内外著名人による被災地に向けた応援コメントの紹介も予定されている。

<アース&ヒューマンコンシャスライブ 2011>
2011年4月22日(金)
@東京国際フォーラム ホールA
18:00開場 19:00開演
出演アーティスト:今井美樹、植村花菜、ゴスペラーズ、藤井フミヤ
◆<アース&ヒューマンコンシャスライブ2011>オフィシャルサイト
◆東北地方太平洋沖地震にまつわる音楽・アーティスト関連情報ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報