氷室京介、6/11に東京ドームで全編BOΦWYの復興支援ライヴ実施

ツイート
氷室京介が6月11日(土)東京ドームにて、東日本大震災の被災地復興支援を目的に、全編BOΦWY楽曲で構成したチャリティ公演を行なうことが決定した。

氷室はL.A.を拠点に活動しているため、地震発生時は日本にいなかった。しかしCNNなどを通じて震災の被害の映像を見て愕然とし、自身が行なえる支援の方法を考えた結果、今回の公演の開催を決意したという。

当初は、同日同会場で自身の50歳のアニバーサリー公演を予定しており、3月14日に発表する準備をしていたのだが、その直前に震災が起こったため発表を見送り、公演自体も見直していたそうだ。しかし、ライヴの収益金の全てを復興義援金として寄付することを目的に、可能な限り節電に配慮した最小限の電力・機材で開催に踏み切ることになった。

また、このライヴの演奏曲は全編BOΦWY楽曲で構成される予定とのこと。いまなお日本のロック史上最大の伝説のバンドとして多くの支持を得ているBOΦWYの楽曲を、そのヴォーカリストである氷室がいま歌うことで、ライヴに参加したそれぞれの人のエネルギーになればと考えているそうだ。

氷室自身、ソロ23年、バンド時代6年の約30年のキャリアの中で、幾度となく全国ツアーやライヴ・イベントで岩手、宮城、福島を訪れている。また宮城県で行なわれていた、現在のロックフェスの先駆けとも言える<ロックンロールオリンピック>には、85年、86年、87年(BOΦWYで出演)、90年(sp≒eed名義でシークレット出演)と、4回出演している。そして今年1月にも盛岡、仙台、郡山に自身の全国ツアーで訪れたばかりである。いわば氷室にとって宮城を中心とした東北地方は縁の深い地のひとつである。

また、BOΦWYの解散ライヴ<LAST GIGS>を含め、東京ドームでの公演は7年振り、7度目。2004年に<21st Century BoΦwys VS HIMURO>と銘打ったライヴを東京ドームで行なっているが、全曲がBOΦWYの楽曲で構成されるライヴはソロになってから今回が初めてとなる。BOΦWY解散以降、23年間、これまで歌うことのなかった楽曲も披露する予定だという。

氷室は今回のチャリティ・ライヴ決定に伴い、次のコメントを発表している。

   ◆   ◆   ◆

互いの気持ちと力を合わせて支え合う運命の時
微力ではあるけれど俺なりに
過酷な状況下でいまも闘っている皆さんを応援したいと思います
We are down but never give up !

氷室京介

   ◆   ◆   ◆

<東日本大震災復興支援チャリティライブ
KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME "We Are Down But Never Give Up!!">
2011年6月11日(土)東京ドーム
開場/開演:16:00/18:00
チケット料金:7,800円
◆チケット詳細&購入ページ

◆氷室京介オフィシャル・サイト
◆EMI Music Japan アーティストページ

 
この記事をツイート

この記事の関連情報