hitomi、インディーズ移籍第一弾にはウィーザーのリヴァース・クオモとのコラボも

twitterツイート
先日、インディーズへの電撃移籍を発表したhitomi。「エイベックスからの離脱か?」とも囁かれたりしたが、実はそうではないようだ。いやむしろ、今回の移籍は、hitomiが世界に照準を合わせた、アグレッシブな活動のスタートだったのかもしれない。

◆hitomi 画像、aamについての解説

ここにきて移籍第一弾となるニューアルバムの詳細が伝わってきた。ニューアルバムには、マドンナやブリトニー、アヴリルらを手がけたプロデューサー陣が参加。さらにウィーザーのリヴァース・クオモとのツインヴォーカル楽曲も収録される。

4月27日に発売となる移籍後初のアルバム『SPIRIT』は、ケイティー・ペリーやアヴリル・ラヴィーンをスターダムへと押し上げ、ブリトニー・スピアーズを華麗にリバイバルさせた世界最強のプロデュース集団・Advanced Alternative Media(aam)が全面プロデュース。彼らが日本人アーティストを全面的にプロデュースするのはhitomiが初とのこと。

今作の参加プロデューサーたちの経歴には、マドンナ、カイリー・ミノーグ、マライア・キャリー、ビヨンセ、ブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、ケイティー・ペリー、バックストリート・ボーイズ、エミネム、カニエ・ウエスト、グッド・シャーロットなど、幅広いジャンルのビッグネームが並ぶ。さらに、ウィーザーのリヴァース・クオモ、シンプル・プラン、コブラ・スターシップなどのアーティストたちもhitomiへ異例の楽曲提供を行ない、リヴァースに至っては、hitomiとのツイン・ヴォーカルまで披露している。

なお、ミキサーには、レディー・ガガ「Telephone feat.Beyonce」のリミックスなどでも注目を集めるクリス・タブロンや、グー・グー・ドールズ、シュガーカルト、エムエックスピーエックスなどを手掛けたギャヴィン・マッキロップを迎えた。さらに、マスタリングはニューヨークにある世界最高峰「スターリングサウンド スタジオ」のシニア・エンジニアで、マドンナ、リアーナなどを手掛けたR&B界の御三家・クリス・ゲリンジャーが行なった。

ところで、hitomiが移籍したのは、前回推測したとおり、FACTが所属するインディーズ・レーベル「maximum10」。…と、ここまで書いて、実は手元にこの『SPIRIT』が一足早く手元に届いていた。ひと通り聴いて簡単に感想を述べよう。まず、1曲目「Hands up!!」からド肝を抜かれる。ロックとエレクトロの美味しいところを押さえた、まさに“あっち”の音がする。これはJ-POPではなく、hitomiというヴォーカリストが歌う洋楽。いや、そもそもJ-POPとは何か? 洋楽とは何か? そんな軽い混乱さえ招きかねない。

世界基準の最先端な音と世界観で満たしたコップの中に、hitomiの鋭く研ぎ澄まされたメッセージが滴り落ちて拡散していく感覚。そんな“これまで日本が追随するだけだった世界の音”とhitomiの融合がなされた『SPIRIT』。

これは、ちょっとすごいことになる。

◆hitomi オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon