森友嵐士、T-BOLANから17年ぶり、初のソロアルバム『オレのバラッド』リリース

twitterツイート
1995年のライブを最後にT-BOLANを解散、心因性発声障害のため14年間歌うことができなかった森友嵐士が、4月20日に初のソロアルバム『オレのバラッド』をリリースした。

◆森友嵐士 PV映像

2010年3月24日にリリースされた1stシングル「抱きしめていたい/キズナ」によって完全復活を遂げた森友嵐士。この曲で、15年間歌えないシンガーであった森友嵐士を支え続けた仲間への感謝と喜びを歌った。

友人である小山薫堂氏が仕掛け人となって祝福したサプライズドキュメンタリーPV「抱きしめていたい」は、YouTubeの再生回数が28万回を超え、カンヌ国際映画祭にも出展され、多くの感動を呼んだことは記憶に新しい。


そして2010年9月15日にリリースされた2ndシングル「祈り/涙の壁」は、闘病中、一日また一日と、希望を失わずに生きていこうと、自分で自分を励ますように歌った歌。「祈り」のプロモーションビデオは、復活後に知り合い共鳴し合った行定勲監督が手掛けたことでも話題になった。夏にはソロ初の全国ツアーで15年ぶりに全国のファンと顔を合わせた。

そして2011年。本格始動し全国ツアーも終えた森友嵐士が、いま感じること、今度は自分が一人でも多くの人の力になりたい、そしてより多くの人へ歌を届けたい、そんな意識のなかで作詞家山田ひろし氏との出会いによって生まれた「名前のない者たち」。

アルバム『オレのバラッド』には、この「名前のない者たち」のほか、歌声を取り戻すために長いリハビリの中で森友嵐士が歌い続けた「上を向いて歩こう」のカバー、歌を取り戻したあとに初めて歌ったT-BOLAN時代の楽曲「離したくはない」のセルフカバーを含む全11曲を収録している。ソロとしては初、T-BOLANからは17年ぶりのアルバムリリースに注目してもらいたい。

『オレのバラッド』
TFCC-86346 \2,500(tax in)
2011年4月20日リリース
01.名前のない者たち
02.離したくはない(セルフカバー)
03.歌を見つけたカナリヤ
04.涙の壁
05.抱きしめていたい
06.誰よりオマエを愛してる
07.上を向いて歩こう(カバー)
08.月ノ夜ニ
09.悲しみが色をかえるまで
10.祈り
11.キズナ

◆森友嵐士オフィシャル・サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon