成宮寛貴、尾崎豊の命日に「I LOVE YOU」を熱唱

ツイート

俳優・成宮寛貴が尾崎豊の代表曲「卒業」「ダンスホール」「I LOVE YOU」をカヴァーし、配信リリース。4月25日(月)都内某所でトーク・イベントを行なった。

◆成宮寛貴 画像

成宮は俳優としては10年以上のキャリアを持つものの、歌手として舞台に立つのは初めて。きっかけは、テレビ東京系で3月21日に放送された尾崎豊の半生をドラマ化した『風の少年~尾崎豊 永遠の伝説』で、尾崎豊役を演じたことから。劇中で使用するために尾崎豊本人のプロデューサーであった須藤晃氏とともにレコーディングを行なったところ、須藤氏のリクエストでその着うた(R)配信することになった。

当初イベントは3月17日に実施される予定であったが、震災に配慮し一旦中止となっていた。しかし、本人の中で「エンターテイナーとして人の心が少しでも癒えるようなことをして皆を元気づけられたら」という思いから実施することになったという。

イベントには、1500人の応募の中から抽選で選ばれた100人のファンが参加。成宮は「尾崎さんの歌は学生の時に試験の後にオールナイトでカラオケで歌い、皆で合唱していた。気づけば心の中に染み込んでいました。今回のドラマ出演をきっかけに新しい形・アプローチで皆さんに少しでも元気を出してもらえたらと思います。皆さんも一緒に歌ってください」と語り、最後にサプライズで尾崎豊の代表曲である「I LOVE YOU」を熱唱した。

初めて人前で歌声を披露した事について成宮は「緊張しました! 気持ちを発散するという意味では演劇の舞台に似てますね。数あるエンターテイメントの形の中で『生で何かをする』『ファンと直接触れ合う』ということは貴重です。レコーディングは3人だけだったので、沢山の人に歌のパワーでエールを送れればと思います」と興奮を隠せない様子だった。

奇しくも4月25日は尾崎豊の命日でもある。「尾崎さんの歌は歌詞がすごく良い。何が正しいとか自由であるとかということに囚われずに、とにかく伝えたいと思う気持ちを歌うのが尾崎さんだと思う」と、感慨深げに語っていた。

なお、このイベントでの歌唱映像は、6月に着ムービー・ビデオクリップとして配信予定。

◆成宮寛貴オフィシャル・サイト
◆SonyMusic成宮寛貴
この記事をツイート

この記事の関連情報