ジェフ・ミルズ、宇宙三部作完結編・世界完全数量限定作品『The Power』を発表

ツイート
ジェフ・ミルズが“宇宙三部作完結編”なる作品を発表する。タイトルは『The Power』。世界で限定1,000枚のみのプレスとなっており、日本へ輸入・販売される枚数もごく限られた枚数となっているという。ブックレットではジェフ・ミルズ自身による宇宙を舞台にしたサイエンス・フィクション・ストーリーが語られており、これまで一種の難解さを感じさせた一連作品のコンセプトを紐解くヒントが隠されているというものだ。

◆「Jeff Mills Spiral Therapy Japanese Version」映像

数年前より自らの音楽をサイエンス・フィクション・ミュージックと呼び始めたジェフ・ミルズの近年の試みが完結する作品であると同時に、ストーリーと音楽の密接な関係性を堪能することが出来るアーティスティックな作品となっている。なお、日本国内で販売されるCDを購入すると、ブックレットに綴られた物語を日本語で読むことが出来るサイトへのリンクも準備されている。

宇宙への深い探究心と独自の哲学をベースに数多くの作品を発表してきたジェフ・ミルズは、2006年に発表した『Sleeper Wakes』から、“宇宙旅行へと旅立ちその自らの体験をもとに作品を発表する”というコンセプチュアルな創作活動へと移行し、2010年には作品『The Occurrence』を発表してきた。

また、日本最大のテクノの祭典<WIRE>では宇宙からの中継という形でパフォーマンスを披露、“宇宙から帰還を果たした”際に行なわれた渋谷WOMBでのカウントダウン・イベントや、野外イベント<Solar Frequency>のパフォーマンスでも宇宙船を模したステージと大掛かりな映像演出でそのコンセプトを見事に表現してみせてきた。


『The Power』
4月29日発売予定
AXCD-042
※一部販売店舗によって発売日が異なる場合があります

TRACK LISTING
1. The Power (Theme)
2. Microbe
3. The Intruder Emerges
4. A Race To Save Thoughts
5. The Exchange
6. Hallucination
7. Making Contact
8. Watched By What
9. Memory Reset
10. Spiral Therapy
11. The Diagnosis
12. Transformation Complete
13. Amongst The Shadows
14. Drifting Away
LIMITED EDITION CD album of 14 tracks and 16 page booklet (incl. original story by Jeff Mills).
ジェフ・ミルズのエクスペリメンタル・サウンドがここに極まる『宇宙三部作完結編』。『SLEEPER WAKES』~『THE OCCURRENCE』と続いたジェフ・ミルズの宇宙探索が挫折を体験し、親近感を徐々に喪失する中から生まれてきたのがこの『THE POWER』である。その難解さから世界限定少数プレスでのリリースとなったいわく付きのアルバム。前半ミニマルなビート感を漂わせながらも、中盤にはサイファイ感を伴ったドローン風のサウンドへと展開し、後半再びビート感が帰ってくるが、ビートレスな「Drifting Away」で終焉を迎える。

◆Axis Recordsサイト
◆U/M/A/A Inc.サイト
◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報