ロジャー・ダルトリー、ロックオペラ『トミー』ツアーを敢行

ツイート
ザ・フーのフロントマン、ロジャー・ダルトリーが、1969年のロックオペラ『トミー』のツアーを行なうようだ。ロジャーは、ザ・フーのギタリストのピート・タウンゼントの弟であるサイモン・タウンゼントと共に、同アルバムを引っさげたツアーを7月に行なう予定になっている。

◆ロジャー・ダルトリー画像

ピート・タウンゼントは、ロジャー・ダルトリーのソロ公演への支援を口にしている。「ロジャーが2011年に、彼のバンドと一緒に『トミー』を演奏するところを見るのは素晴らしいね。僕の心も参加するし、ロジャーをサポートするよ」。

「ロジャーは幅広い楽器を使ったオリジナルに忠実な演奏を披露することで、ユニークなコンサート版『トミー』を演奏することになるだろうね。ロジャーと彼の新バンドによって、昔のザ・フーの楽曲が演奏されるのを耳にするのは素晴らしい。」──ピート・タウンゼント

ロジャーは先日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されたティーンエイジ・キャンサー・トラストのチャリティーコンサートにて同アルバムを全曲演奏しており、そのうちの2曲には、ピートをステージに上げて共に演奏を披露していた。聴覚の問題を抱えているため全曲を演奏することがもはや出来ない状態のピートだが、「アシッド・クイーン」でリードボーカルを取り、その後「ババ・オライリー」を披露してくれた。

BANG Media International

◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報