デヴィッド・ボウイの展示会がニューヨークで開催

ツイート
デヴィッド・ボウイを取り上げた新たな展示が、ニューヨークのミュージアム・オブ・アーツ・アンド・デザインで開催されることになった。5月9日に始まる『デヴィッド・ボウイ、アーティスト』と名付けられたこの展示会では、1973年の映画『ジギー・スターダスト』、1983年の『ハンガー』、1996年の『バスキア』、そして1976年の『地球に落ちてきた男』の新たな35ミリプリントなどの映画シリーズを目玉としている。

◆デヴィッド・ボウイ画像

Madmuseum.orgでは、この展示を「パフォーマンスを第一に考えるアーティストとして、大胆で広い分野に渡るボウイのキャリアを様々な形態で再構築する回顧展」と掲げており、「キャバレーやパントマイム、アバンギャルドな演劇など、パフォーマンスを基礎にした実践という原点から『ジギー・スターダスト』まで、そして舞台を合成した革新的なツアー、音楽、ロックショーへの現代アートの組み込み、斬新なビデオのコラボレーション、そして映画と舞台での仕事振りまで。『デヴィッド・ボウイ、アーティスト』は、デヴィッド・ボウイを20世紀で最も革新的文化を生み出した人物として紹介している」と評している。

この展示は7月15日まで開催される。また、デジタルリマスタリングされた『地球に落ちてきた男』が初めてブルーレイ化され、UKにて先日発売となった。

BANG Media International

◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報